古絵葉書「天空旅行」より…木星2006年08月24日 00時00分25秒

舞台の主役よろしく、霞模様の下に木星が浮かんでいます。

製作資料が乏しかったのか、この木星は表情がちょっと地味ですね。
当時、すでに木星の偉観は、写真にも捉えられていたのですが。
http://mononoke.asablo.jp/blog/2006/06/29/425580

単に「木星」と題されていますが、より正確には「木星の衛星から見た光景」でしょう。
さすがに木星そのものの光景は、ビジュアライズするのが難しかったようです。

ごつごつした岩山で「宇宙っぽさ」を演出し、その向こうに木星を見せただけ、という安易さがここではむしろ見所でしょうか。

 ★  ★  ★

さて、明日はいよいよ最後の目的地、土星です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック