天文学者は白髪頭か?…19世紀と20世紀2007年10月04日 22時45分11秒

以前、「(19世紀と20)世紀の境目をまたぐ四半世紀の間に、天文学の進化と並行して、天文趣味を表象する図像表現にも大きな変化があった」と書いたことがあります。(http://mononoke.asablo.jp/blog/2006/07/13/443527

要するに「時代の変遷」ということなんですが、改めてそのことを考える材料として、2冊の本を比べてみたいと思います。

まずは1910年に出た、エリソン・ホークスの『子どもたちに示す星々』。

★Ellison Hawks
 STARS SHOWN TO THE CHILDREN.
 T.C.&E.C. Jack, London, 1910.
 119pp, 16mo.

その序文を読んでみましょう。

「愛するホリーとシシリー。多くの人は、天文学、つまり星の科学なんて無味乾燥で面白くない学問だし、天文学者といえば髭を生やした白髪のお爺さんだと思っている。でも君たちはお父さんの言い分を認めてくれるだろう。天文学は趣味の中でもいちばん魅力あるものの一つで、天文学者は決して白髪頭の老人ではない!ということを。」
(この著者は、娘の手前だいぶ若さにこだわっていますね。)

そしてもう1冊は…(例によって明日につづく)