理科趣味セクト考… 「理科教室の午后」 展によせて2008年06月15日 18時31分41秒

このサイトを訪問されている方の一部は、すでにご承知かと思われる展示会。

■理科教室の午后- ナツヤスミ篇 -
 2008年7月19日(土)~7月27日(日)
 会場:東京・西荻窪 Gallery MADO
 (詳細は http://kujaku.info/rika/

「本展は理科的事物を愛好する、制作分野の異なる六組七作家による
空想理科教室的作品展示会です。〔…〕理科教室で過ごす短い夏期休
暇をお楽しみいただければ幸いに存じます」
と、リンク先に概要が記されています。

理科教室で過ごす夏期休暇…ああ、憧れを誘う惹き句ですね。

  ★

さて、同展の出品作家さんは、その筋では有名な方たちと思いますが、こうした「創作系」の理科室趣味と、拙ブログにおけるそれ―「ヴンダーカンマー系」理科室趣味とでも言いましょうか―との距離について、ちょっと考えてみようと思います。(相変わらず暇)

いろいろ思いつくんですが、まずは扱われる素材。
創作系の場合は、主役を演じるのは「鉱石、金属、ガラス」で、基本的に硬質で透明ですね。
ヴンダーカンマー系(以下ヴ系)だと、博物趣味が前面に出て、生物の比重がぐっと高まります。おどろでグンニャリしたものも拒みません。

次いでリアル理科室との関係。
創作系は、古びた理科室に目を向けつつも、その歴史性には拘束されず、(時に換骨奪胎しながら)自由にイメージを構成するので、自由度がはなはだ高いです。みずみずしく軽やかです。
ヴ系は、よりリアルな、歴史的存在としての理科室に惹かれるというか、むしろその歴史性そのものを珍重する傾向があります。渋好みで、老人向きです。

そして、創作系とヴ系とがゆるく連合して、理科室の風情を愛でる抒情派(文系理科室派)を構成し、質実剛健な、純粋に実験好きの理科ホビースト(理系理科室派)と対峙している…というのが、昨今の理科趣味の構図ではありますまいか。

  ★

書いているうちに、何だかピント外れなことを書いているような気がしてきました。
もう少し考えてみます。

コメント

_ かすてん ― 2008年06月15日 21時56分51秒

ちょっと目を離していたら記事がたくさん。
 展覧会のタイトルにして人の気を引けるということは、理科教室趣味の人ってけっこういるということですね。西荻ならば行く機会が多いのでその時期の開催ならば寄れそうです。

_ れいこ ― 2008年06月16日 19時45分26秒

この展示会、今から楽しみにしているのです!
私は現時点ではイメージ先行の理科室好きなので、硬質で透明なものに最も惹かれつつ、しかし生物系博物学(きっかけは遠く昔には荒俣宏さんと雑誌『太陽』、近くでは月兎社さんです)の、おどろおどろしいものも怜悧に並べる世界にもなんとも言えぬ魅力を感じます。

_ S,U ― 2008年06月16日 21時32分49秒

理科室派にも”硬”派と”軟”派があるのですね。でもその間にも、天文系、カタログ系ほか
種々のモノマニア系がいて一つの軸だけでは分類が難しそうです。
 それから、子供の頃の私なら、このような硬質の小さな薬品用のガラス瓶や金属製の器具に
ある種の叙情を感じたことだと思います。しかし、現在の私は、それに硬質の魅力はあるとしても
無機物としか感じません。なにか時間とともにうつっていくものもあるように思います。それが
個人の年齢によるものなのか、それとも、足穂のいうところの「未来的叙情」、「時代精神」と
いうようなものが各時代に存在しているのかそのところがよくわかりません。

_ とこ ― 2008年06月16日 22時05分22秒

小学校の理科というのはかなり色んなものを内包しているので、大人になってからのアプローチ方法が本当に多岐にわたりますよね。

こういう記事をみると思わず自分に照らし合わせてしまいます…わたしはかなり「こうもり」です。
活動は創作系だけれど原理やメカニズムが気になってアートに昇華しきれず、かといって実験室系に入れてもらうのも申し訳ないし、もちろんヴ系でもなし。…と自分ではそう思っているのですが、他人の目からみるとどう写るのか気になるところではあります。

展示は、れいこさんと同じく私も楽しみにしているひとりです。

_ 玉青 ― 2008年06月16日 22時15分42秒

うーむ、やっぱりちょっと無理がありましたね。
今さらながら理科趣味も奥が深いです。

聞くところによると、最近鉄道マニアの世界も「乗りテツ」とか「撮りテツ」とか、趣味の細分化が進んでいて、相互理解が困難になりつつあるらしいですね。

ただ、どうなんでしょう、分化することが悪いとはいいませんが、一抹の寂しさというか、極端に走ると趣味がやせ細ってしまうような気がします。

いたずらに差別化を図るよりは、好奇心旺盛に「あれもこれも」というのが私のスタンスであり、そもそもが「博物」趣味がベースなので、それで全く矛盾はないのだ…と、よく分らないまま自己完結してしまいますが。。。

_ mistletoe ― 2008年06月17日 17時39分09秒

我が家のすぐ近くで行われるイベントです。
歩いて…2~3分でしょうか。
ワタシが11月に行うイベントに参加して下さる方も
このイベントに参加されています。楽しみです。

ワタシは興味あれば集める…それで良い人です。
線引きはしません。
ブンダーカンマーって本来そうだと思っています…
好奇心の蒐集ですよね。
ちなみに細かい分類って言うのは最終的に矛盾が
起きてきます。今の大学の学部の分類がその例かと。
例えば苗字で藤原さん。フジハラとフジワラは
別々に分類するのでしょうか?笑

_ 玉青 ― 2008年06月17日 20時53分56秒

本当に至近距離ですね。まさかmistletoeさんのお宅でやるんじゃないでしょうね?

>ワタシは興味あれば集める…それで良い人です。

潔い(笑)。まあ、細かい線引きにあまり意味はないんでしょうが、線引きしないと、蒐集が底なしになる恐怖を感じることも稀ならず…。(あなおそろし)

_ とこ ― 2008年06月17日 21時40分00秒

とりあえずここに集う人々は多少の差はあれど「天文古玩系」なんではないかと思います。もしそういうジャンルがあったら入れてもらいたいなあ。

_ shigeyuki ― 2008年06月18日 00時04分21秒

隣の駅なのに、知らなくて(笑)。
自転車ですぐです。
近いから、僕も覗こうと思います。

理科趣味、なんとなくいくつかの傾向があるようには思うのですが、よくわかりませんね。
ものを集めるのが好きな人と、知識を集めるのが好きな人とは、いると思うのですが、重なってたりもするし。
僕は、部屋に無用なものが転がっているのが嫌いなので、オブジェに対する理解度は低いです。。。でも、実際に使う実験器具とかを見るのは大好きなんですけれど。そういうのも、理科趣味なんでしょうか?
分からなくなってきますね。奥が深い。

_ 玉青 ― 2008年06月18日 06時35分01秒

○とこさま

よろしい、本日ここに「天文古玩系」の成立をおごそかに宣言し、とこさんもその一員であることを認めます(笑)。

○shigeyukiさま

>僕は、部屋に無用なものが転がっているのが嫌いなので

スミマセン…と思わず罪悪感を刺激されますね(笑)。
家族に対して「無用の用」をムキになって主張したりするのは、自分でも相当やましいところがあるのでしょう。かといって、改まる気配は露ほどもありませんが。

「実験器具を見るのが好き」ならば、十ニ分に理科趣味の徒ですよ。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック