パリの巨大天球儀(その2)2008年09月03日 20時44分48秒


昨日の<天球儀>の大写し。
ステレオ写真の大手、アンダーウッド社が、博覧会開催の年(1900年)に売り出したもの。

こちらはまだ建設中の様子を捉えた写真です。球体のまわりに足場が組まれ、経度・緯度(赤経・赤緯)の線も書きかけです。

それにしても大きい。まるで巨大なガスタンクのようです。

球のてっぺんには、風に吹かれながら佇む3人の男たち。
彼らはいったい何を語らっているのか。


【付記】
ステレオ写真については、以前コメントをいただいた、さかなちゃんさんのブログに、詳細な記事が複数掲載されています。以下はその一例。その他、「ステレオ写真」「ステレオカメラ」のカテゴリーをご覧下さい。

http://siokaze1.cocolog-nifty.com/sakanachann/2008/01/post_6c76.html

コメント

_ T.Fujimoto ― 2008年09月03日 23時43分59秒

確かに近所のガスタンクに似ているかも知れません。
それにしてもでかいです。巨大な天球儀も佇む三人も、いまはいずこへ、ですね。

_ 玉青 ― 2008年09月04日 20時16分47秒

ひるがえって、現代の無表情なガスタンクに、星座図を描いたらどうだろうと思いつきましたが、下手に“ファンシー”な絵柄だったら、いっそう鬱陶しいかもしれませんね。

>巨大な天球儀も佇む三人も、いまはいずこへ

昔の写真を見ていると、「ああ、この人たちはみんなもういないんだなあ」と、そぞろ寂しさ感じます。
街を歩いていても、こんなに沢山いる人たちが、100年かそこらで全ていなくなるのか…と思って愕然とすることがあります。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2008/09/03/3740257/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。