幻燈に浮かぶ星の世界2008年10月28日 20時39分17秒

見た瞬間、「買わねば」というモノが、時々あります。
この幻燈のガラススライドもそうでした。

くだくだしい説明は不要でしょう。
透過光で見る、素朴なガラス絵や天文古写真には、時にこの世のものならぬ美が感じられることがあります。

“Astronomy Lecture”と題されたシリーズものの、巻頭を飾る1枚。
メーカー名がはっきりしないんですが、シールにはY字にコブラが巻きついたロゴと、”Cobra Series”という文字が書かれています。サイズは8センチ四方の英国サイズ(アメリカ製は8×10cmの長方形が標準規格です)。時代は20世紀の第1四半期だと思います。

この間のウェールズ語の本を買ったのは、単なるケルト憧憬だけではなくて、例のワッペン模様の正体、つまり上のガラススライドの原画を知りたいという実際的な意味もありました。が、それは依然謎のままです。