暦のはなし(1)2009年01月01日 15時35分15秒

明けましておめでとうございます。
改めて本年もよろしくお願いいたします。

  ★

さて、正月なので「和」の雰囲気…かどうかは分かりませんが、古い暦を載せます。
写真は、以前、古本屋の隅で見つけた幕末~明治の暦各種。

暦と天文―。もちろん今でも深い関係があるのですが、昔の日本では、今以上に密接な関係がありました。当時は、むしろ暦学が主で、天文学はそれに隷属していたと言っていい状態でしょう。

江戸時代の途中から西洋の学問が入ってきて、宇宙それ自体が研究の対象となり得るのだ!という観念が強烈な知的刺激となり、近世天文学の発展を(一部で)促しましたが、世間的には、より正確な暦を作ることこそ大切で、それ以上は余技…というのが大方の見方ではなかったでしょうか。

(いやいや江戸時代どころか、日本の天文台の編暦尊重の思想は、実に第2次大戦の頃まで続いた…と、内田正男氏の『暦と日本人』(雄山閣)には書かれています。内田氏は戦中・戦後を長く東京天文台で勤務された方なので、たぶんその通りなのでしょう。)

暦をじっくり見ていると、近世から近代にかけて、日本の天文学が経験した激動の歴史を感じます。その辺のことは、三が日のうちにまた書こうと思います。

  ★

ところで、今日1月1日は、3年ぶりにうるう秒が入り、1日が1秒長いそうですね。
こういうことを取りしきっているのは、国立天文台の<暦計算室>や<天文保時室>という部署らしく、この辺にも暦と天文学の結びつきが伺えます。