星の影絵芝居(1)2009年11月20日 21時17分22秒

最近の買い物から。

長さ約20センチ、棹物の菓子の箱ほどの筐体に、小窓がうがたれています。箱の中には単1電池が入っていて、小窓の星座絵を豆電球で照らす仕掛け。上部に見える2つのノブをくるくる回すと、さまざまな星座絵が次々に現われます。

全体の作りから、1950~60年代の物かな?と思いますが、メーカー名や製造年の表示がどこにもない謎の品。アメリカの業者から購入しました。

たぶん、当時の宇宙ブームに乗って売り出された、有象無象の品の1つ。他愛ないといえば他愛ない品ですが、そこにまた愛らしさもあるようです。

そして、夜ともなれば…

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック