プラネタリウム 「銀河鉄道の夜」2009年11月26日 21時51分19秒

昨日、コメント爛でも書いたのですが(11月18日の記事)、この前の休日に、近くの町までプラネタリウムを見に行ってきました。

番組は、先年封切られた、KAGAYAスタジオ制作の「銀河鉄道の夜」。
現在もあちこちのプラネタリウムで上映されているようです。

■公式サイト http://www.gingatetudounoyoru.com/allsky/index.html

漫然と昔のプラネタリウム感覚で眺めていたら、それとは全く異質な世界で、本当に口をあんぐり開けて見入ってしまいました。上のページからも予告編を見ることができますが、この美しい映像が360度パノラマの大画面となると、また格段の迫力です。

KAGAYA氏の作品は、たぶん単体の絵として見たら、私の心をこれほど動かすことはなかったかもしれません(何となくクリスチャン・ラッセン風の絵…というと、失礼に当たるのか、当たらないのか、よく分かりませんが)。

しかし、このCGアニメ作品はとても良かったです。そして、「銀河鉄道の夜」の世界を視覚化したものとして、この作品は非常な成功を収めていると思います。白状すれば、私はこれまで賢治の原作を読んでも、車窓の光景を脳裏に浮かべることができませんでしたし、いろいろな人の作画を見ても、あまり腑に落ちなかったのですが、これを見てやっと「実景」が分かったような気がします。

KAGAYA氏の絵が、賢治の世界すべてと無条件に適合するとは思いません。しかし、こと「銀河鉄道の夜」については、その世界をビジュアライズするには、氏の絵の特徴とも思える、いわば「過剰な透明感」こそが重要だったのではあるまいか…と、そんな風に感じます。

  ★

さて、そんなこんなで、このブログでも「ジョバンニが見た世界」を再開しようと思います。

コメント

_ かすてん ― 2009年11月27日 07時50分01秒

つくばエキスポセンタープラネタリウムでロングランしていたので何度か見に行きました。天の川を見下ろしながら岸を列車でゴトゴト走る感じが良かったです。

_ 玉青 ― 2009年11月27日 21時13分53秒

あの天の川は良かったですね。
中途半端に星界を描写せずに、銀河鉄道が走る場所を「ある不思議な川の岸辺」という風に限定的に(ある意味ストイックに)表現したのが、成功因だと感じます。

_ S.U ― 2009年11月27日 21時27分52秒

私も、つくばエキスポセンターで見ました。...かすてんさん、お仲間...
 私は、川岸のりんどうの花に感動しました。これは原作にも出てきます。原作の「銀河鉄道の夜」もKAGAYA氏の「ラッセン風の画」も国籍不明の書き割りですが、日本的な美感覚が潜んでいるのでしょうか。

_ かすてん ― 2009年11月27日 22時15分09秒

>りんどうの花
そうそう、りんどうの花畑を走り抜ける列車をいろいろなアングルで写したかと思うと列車とともに流れる視線に変わったり、とても印象的な場面です。

_ 玉青 ― 2009年11月28日 09時46分12秒

○S.Uさま、かすてんさま

リンドウの花のシーン(YouTubeだと↓)。
あそこは映像・音楽・ナレーションが相まって、とても感動的でした。
北十字や南十字のような明快な宗教的シンボルよりも、むしろあの画面からこぼれ落ちそうなリンドウの花こそ、遥かなものへの憧れを象徴しているようで、本当に胸が詰まりました。
http://www.youtube.com/watch?v=bWrDHXPNsOo&feature=related

私事ですが、家の紋が「竜胆」なので、何となく嬉しいです。
今後、墓参りに行くたびに、天の野原に咲いている紫のリンドウを思い浮かべるかもしれません。そして、いずれ私が送り出されるときにも、リンドウの絵が式場に掲げられることでしょう。残念ながら、私自身はその光景を見られませんが…。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

_ 霞ヶ浦天体観測隊 - 2009年11月27日 07時44分28秒

 この前の休日につくばエキスポセンターのプラネタリウムへ行って来た。茨城県南に住み始めて13年、これまで朝永振一郎生誕100年の展示会など...