秘密の人体模型、あるいは人体模型の秘密2010年04月17日 19時53分42秒

ゆうべ、かすてんさんが目を留められた“人体ねえさん”(→昨日のコメント参照)。
この1/2スケールの人体模型は、商品名を「エディーJr」といい、わが家ではエディさんと呼んでいます。


エディさんともずいぶん長い付き合いで、今の奥さんと結婚した年か、その翌年ぐらいに買ったので、奥さんと同じぐらいの古馴染みになるわけです。
ある日、嫉妬に狂った奥さんがエディさんを粉々に打ち砕いて…というような事件が起きていたら夢野久作的で面白いんですが、そんなこともなくこれまで円満にやってきました。

エディさんは、窓際に置かれていた時期が長かったせいで、気付いた時には赤い塗料がすっかり退色して、筋肉が真っ白になっていました。改めてみると不思議な感じです。

人体模型なので、こんな風にパカッと頭部が外れます。


頭部の結合がごく緩いために、地震がくるとすぐに<ひとり唐竹割り状態>となって、見る者を驚かせます。

   ★

さて、エディさんは、わりと中性的で理知的な顔立ちをしていますが、彼女の最大の秘密は何か?

その答は上の写真に写っています(エディさんの足元)。
なんと、エディさんは生殖器のパーツを付け替えると男性にもなれるのです。たぶん、男性としてディスプレイする際には、胸から腹にかけての「ふた」を外した状態(内臓露出状態)を想定しているのでしょうが、でもそうでない形態も取りうるので、そうなると一寸猟奇的というか、倒錯的な雰囲気が漂います。

要するに、エディさんは「ねえさん」か「にいさん」か曖昧なひとで、男女の境界を軽々と越える、まさに完璧なアンドロギュヌスと呼びうる存在なのです。

   ★

エディさんは、スペースの都合で現在は物置にしまわれています(今日は撮影のために久しぶりに再会)。改めてこれを聖像として部屋に祀り、その前でヘルメス的な、ネオプラトニズム的な、錬金術的な秘儀をとりおこない、暗黒の知のネットワークに参入し……

今宵の妄想はここまで。

コメント

_ かすてん ― 2010年04月18日 19時39分32秒

人体ねえさんにはエディさんというちゃんとした名前があり、ちょっと見では分からないそんな秘密まであったのですか。おまけに一瞬芸まで身につけているとは、存在感ありありですね。

ところで、前日のお部屋の写真は何ミリレンズですか?

_ 玉青 ― 2010年04月18日 20時51分44秒

>一瞬芸
あはは。おそるべき芸ですね。ゲイは身をたすく(笑)。
だんだん話が落ちていくと、エディさんにも申し訳ないので、まあこれぐらいにしましょう。

一昨日の写真ですが、撮影者のTOKOさんに教えていただいたデータによれば、フィッシュアイのTAKUMAR 50mm F4だったかと。

_ 日本文化昆虫学研究所 ― 2010年04月18日 21時25分03秒

 こんばんは.
 男性にも女性にもなれる画期的なアンドロギュヌス人形があるとは驚きです.

_ 玉青 ― 2010年04月19日 21時55分17秒

一人二役の、まさに画期的な早変わり。
こういうのを見ていると、男も女もそう変わりはないと達観されてきます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック