タルホ降霊会…パテェ・ベビーの夕べ2010年06月02日 22時04分09秒

(↑背景は雑誌『サライ』の足穂特集号:1994年11月17日発行)

作家・稲垣足穂が、仏パテェ社の映画フィルムに深い思い入れを抱いていたことは、以前書きました(http://mononoke.asablo.jp/blog/2010/04/13/)。

写真は、そのパテェ社が売り出した、家庭用の9.5ミリ映画フィルム。
マガジンの直径は約5センチという可愛らしいサイズです。

1920年頃に作られたこの古ぼけた映画、作品名を「La Jour et la Nuit.( 昼と夜)」といいます。なにか光と闇を象徴するタイトルですね。天文学の初歩を説くその内容も、まさにタルホ向き。

雨風まじりの暗い晩に、カタカタと映写機を回せば、いつのまにか隣にタルホの霊が座っているような気がします。

もちろん、本当に映写するわけにはいかないので、スキャナーでフィルムを読んでみます。

(この項つづく)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック