カリカチュアライズされた天文学者のルーツを探る(後編)2011年07月13日 05時35分04秒

7月12日は(日本では日付が変わって、今日13日がそれに当たると思いますが)、海王星が165年前に発見されて以来、ちょうど公転軌道を1周した、すなわち「1海王星年」が経過した日だというので、一部では海王星、お誕生日おめでとう!」と大変な盛り上がりを見せているようです。
この件は、近いうちに話題にしようと思いますが、まずは昨日の続き。

   ★

疑問を解くカギは、天文学者というよりも、占星術師のイメージにありました。
先日、ケプラー絡みで占星術師に関する本(※)を読んでいたら、次のような文章にぶつかって、「ああ そうか」と思ったのです。

(※)グリヨ・ド・ジヴリ著、林瑞枝訳
   『妖術師・秘術師・錬金術師の博物館』、法政大学出版局、1986
   (以下、引用に当り、文中の漢数字を適宜アラビア数字に変更しました。)


「現代の大衆の間に広く行きわたっている版画とか、程度の低い隠秘学の通俗的な内容の売らんかなの本には、どれにでも入っている図柄がある。そこにはきまっていわゆる 《古典的な》 占星術師が描かれており、彼らはとんがり帽子をかぶって、黄道一二宮を描いた衣服を着け、大きな望遠鏡を頼りに空を観察している。

これほど大きな間違い、これほどばかげたことはない。モリエール〔引用者註:1622-1673〕 の時代の医者と薬種屋のとんがり帽子が、そんなものをかぶったためしのない占星術師に譲られたのだ。人々はなぜか18世紀の変った画師ジヨが描いた喜歌劇の妖術師の装いを、占星術師に着せてみたかったのである。」 (p.284)


そう、このいでたち! 私が「珍妙な天文学者像」と感じたのは、まさにここに描かれている占星術師の姿そのものです。そして、この占星術師の姿も、実は歴史的にはありえない「架空の占星術師像」だと知って、「なるほど!」と思いました。


「いつでも手に天体望遠鏡を持たせるというのもおかしな話だ。オランダでは1610年のガリレオの望遠鏡以前に、最初の天体望遠鏡が現れたが、それも1600年から1610年であったことを忘れてはならない。 

〔…〕したがって、占星術の絶頂期とみなすことができる16世紀には、占星術師は望遠鏡などは持っておらず〔…〕この新しい道具を用いた、ただ一人の優れた占星術師はヴィルフランシュのジャン=バティスト・モランである。〔…〕生年は1583年、没年は1656年である。 〔…〕しかし、この頃すでに占星術は衰退への道を辿っていたのであり、その栄光の時代は天体望遠鏡の発明以前に終っていたのである。」 (pp.285-6)

「ボルドロン神父が天体望遠鏡を占星術師たちの手に持たせるのは、18 世紀の初めになってのことである。彼の『ウフル氏の奇想天外な空想物語』(1710年、アムステルダム)の口絵の中でのことだが、占星術に対する冷淡で凡庸な冷やかしを集めたこの書物は、古代にあれほど高い地位を占めたこの術が、まさしく退廃に向っていたことを示している。いってみればもはや占星術師はいなかったのだ。占星術師であり続けた人々も、自分たちの職業が日々信用を失墜して行くのを見るだけのことだった。」 (p.288)


引用が長くなりました。
繰り返しますが、要はあの「古典的」天文学者像は、占星術師のイメージの借用であり、その占星術師のイメージも、占星術師が衰滅した18世紀に入ってから、愚昧な存在として、ことさら戯画的に描かれた姿が元になっている…ということです。したがって、時代考証もでたらめで、現実の占星術師(や天文学者)とは懸け離れた格好をしているのも当然なわけです。

社会的威信という点から見ると、占星術師の絶頂期は16世紀であり、それが17世紀に衰退し、啓蒙主義の18世紀にいたって事実上消滅した…というのも、この本で教えられました。

   ★

では、今も盛んな占星術、あれは一体何なのか?
上掲書は上の引用に続けて、占星術は何世紀かむかし、かなり流行した時代があった。それが今日、50年前には信じられなかったような勢いで息を吹き返したのだと記しています。ド・ジヴリの原著が出たのは1929年。世紀末から両大戦間期にかけて、世界的なオカルトブームがありましたが、その中で占星術は大いにもてはやされたらしく、現代の星占いはこの「占星術リバイバル」の末流に位置するのでしょう。

(余談ですが、テレビで「今日の牡牛座のあなたは…」とか言っているのを聞いて、「まあ、罪のない話さね」と思っている自分がいます。しかし、ナチズムの大きな源流の1つに、こうしたオカルティズムや、オカルトサイエンスがあったことも、忘れてならない事実です。敢えて「啓蒙」を説かねばならない時代が、再び来なければいいな…と思います。)

コメント

_ ich ― 2011年07月13日 20時28分57秒

日本の陰陽師もそうですが、天文と占いは、洋の東西を問わず関係が深いですね。個人的には、そういうのも嫌いではありませんが。(笑)

_ 玉青 ― 2011年07月14日 22時46分33秒

私も個人的には嫌いではないんですが(笑)、まあ、こういうのは面白がっているぐらいがちょうど良いのでしょうね。だんだん目がつり上がって来ると、一寸アブナイです。

_ S.U ― 2011年07月15日 07時22分33秒

昔は「占星術は天文学の不肖の娘。でも、娘が親を養っている」という言葉があったそうですが、現在は、占星術が天文学を支えている状況はないので、別個のものとして楽しむなら、罪はないと言えるかもしれません。

 プラネタリウムで黄道星座の紹介をする時に、「星占いでおなじみの...」などとされることが往々にしてありますが、これは、考えようによっては、いまだに親が不肖の娘に小遣いをせびっているようなもので、問題ありかもしれません。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック