人体模型の面相学(6)2011年08月28日 07時29分26秒

子どものころ、「人の嫌がることはするな」と教えられました。
そのバチが当たったのかもしれません。

ネットの件はサポートセンターでも解決せず、結局本体を修理に出すことにしました。そのため、昔々のPCを押入れから出して、今こうやって作業していますが、いつまで動いてくれるか心配です。もし、突然ブログの更新が途絶えたら、老体の冥福を祈って
やってください。(修理には1ヶ月近くかかるそうです。)

天罰に懲りずに、話題を身近な人体模型に戻して、しつこく記事を続けることにします。

   ★

樹脂性人体模型が普及する以前の、個性豊かな人体模型の面々を順不同で眺めてみます。



これはなかなかの名品。あどけない少年の風貌から、その内面までもうかがえる作品で、作者のすぐれた力量が感じられます。何でも鑑定団(存続するんでしょうか?)の人形鑑定大会に出したいですね。この品は京都科学ではなくて、山越製作所というところで作られました。

上のような堂々たる作品を前にするとき、下の作品はなんと言えばいいのか…。なんだか子供が夏休みに作ったもののようにも見えます。人体模型といっても、本当にひとくくりにはできないなあ…と思います。
 
  

こんな奴、クラスにいたなあ…。(顔立ちが、です。別に内臓と筋肉をさらしていたわけではありません。)


こわかわいい。
 
上と同じヒトをパカッとしたところ。さすがに怖いです。
 
 

こちらは眉目秀麗な美男と美女。目の表現に特徴があります。

 
尼さん?妙にしなを作っているのが変です。
 

これも女子タイプですが、ちょっと表情に影のある女人です。人生の辛酸に耐えている感じです。もうちょっと顔の造作が左右対称だと良かった。

小学校の人体模型は「裸+赤身」がスタンダードですが、中には「赤身+骨」タイプもあります。下のヒトは赤身なんだけれど、物思わしげな憂いの表情があって、人間的魅力を感じます。


   ★

こういう個性的な顔ぶれに交じって、だんだんニュートラルで、無難な顔立ちの人体模型が勢力を伸ばしてきたのではあるまいか…ということを、この連載の初めに書きました。そうした作品例を以下に挙げます。

これは美男タイプに分類できるかも。

ニュートラルですが、ライティングがこわい。。

えらの張っているところに民族的特徴が出ています(この品は樹脂製かもしれません)。

もちろん、厳密にいえば、今日掲げた作品個々の時間的先後は不明なので、「時間経過とともに無個性化が進行した」という説は、あくまでも推測にすぎません。でも、大づかみにはそういう経過をたどったんじゃないかなあと考えています。

   ★

どうでしょう、「理科室の王者」・人体模型の豊かな世界の一端をお楽しみいただけたでしょうか。では、夏休みも終わるので、そろそろ通常の「天文古玩」の世界に回帰することにします。

(この項、今日で完結です。)

コメント

_ たつき ― 2011年08月28日 18時01分38秒

パソコンの不調にもめげずブログを続けておられるのは、さすがですね。さて、人体模型にも女性版があったとは、知りませんでした。これを学校にも置いたのでしょうか。さぞや男の子の注目を浴びたでしょう。(冗談です)日本では骨とかの扱いには厳しいようですが、外国では違うようですね。少なくともドイツでは全身骨格標本も、個人で所有できるようです。某学校に教材として置いてありましたが、そこの先生の持ち物だとか。しっかり観察し、触って、動かして、本物の迫力と重さや手触りの違いを満喫してきました。少年の骨だそうです。でも、一人で見に行く気はしませんでしたが。やはりこういうものを見慣れているヨーロッパ人との違いでしょうか。

_ 玉青 ― 2011年08月29日 20時26分08秒

おほめに預かり恐縮です。(ほめられているんですよね??)

>さぞや男の子の注目を浴びたでしょう

いやいや、冗談ではなしに、女子の人体模型を見て、少年たちは間違いなく微妙な感情を味わったでしょうね。(憧れのあの子も一皮向けば…という、色即是空的認識に達した少年もいるでしょう。)

さて、ドイツの人体骨格標本事情をお知らせいただきありがとうございます。
日本でも、かつては本物の人骨標本が普通に出回っていたようです。あれは医学教育における解剖実習の副産物だったのかもしれませんが、最近は篤志家の献体にもっぱら頼っているので、解剖後も丁寧に火葬されて、骨として残ること自体が減ったのかもしれませんね。
例のデロールでも、戦前はさかんに人骨標本を売りさばいていたらしいですが、その主な供給源はインドだという話を聞いたことがあります。戦後、インドが独立して、無茶な「死体ビジネス」が横行することもなくなったのでしょう。

>日本では骨とかの扱いには厳しいようですが

この辺は私もよく分かってなかったので、たつきさんのコメントに触発されて、ちょっと調べてみました。以下はそのメモです。

   +

結論から言うと、事件性がない限り、日本でも人骨の所持自体を禁ずる法律はないようです。

いちばん問題になるのは、刑法190条の「死体等領得罪」で、「死体や遺骨を勝手に(すなわち不法に)自分のものとしてはいけない」という趣旨の条文です。風葬習俗のある村に行って、他人の骨を興味本位で拾ってくる不心得物がいるという話を聞いたことがありますが、ああいうのは、この法に照らして処罰の対象となるのでしょう(窃盗罪がそこに加わると思います)。反対に、遺族が遺骨を自宅で供養するために安置するのはまったく問題になりません。

では、医学用の人骨標本はどうなんだ?ということですが、あれはそもそも「遺骨」ではないのだ、という記述が下のページにありました。あくまでも「商品」ということですね。
http://www.osoushiki-plaza.com/institut/dw/199002.html

「なるほど、じゃあ人骨の売買は全然OKなんだね?」と言われれば、それもちょっと違うのかもしれません。たとえ刑事罰に問われなくても、おおっぴらに(たとえばその辺のスーパーで)人骨を売買する行為が「公序良俗に反する」と判断されれば、民法にもとづいて売買自体が無効と判断されるかもしれません。また、「この品は医学関係者のみに販売します」云々と、販売者が販売にあたって制限を課すことも、売り手の当然の権利として認められると思います。

まあ、いずれにしても、私の場合(多くの人もそうでしょうが)、人骨は生まれたときから1セット持ってますから、さらに他人の骨を手元に置こうという気はまったくありません。それに興味本位でそうするのは、素朴に罰当たりな気もしますしね。

_ たつき ― 2011年08月29日 21時52分24秒

きちんとしたコメントをありがとうございました。先回のメールの冒頭はもちろん玉青さんに拍手を送っております。一時期、「ブログをやめる」などと書いていらしたのに、今回はとてもやる気が感じられたのでとても嬉しくなりました。継続は力なり、だと私は思っています。
骨の話ですが、ヨーロッパの人は書斎によく人骨(頭蓋骨)を飾りますよね。「メメント・モリ」あるいは「再生」の意味を感じ取っていたとか。カッコイイから私もやりたかったのですが、あの渋澤龍彦でさえ模型でしか持てなかったみたいですし、「人体の不思議展」でも揉めましたから、やはり手に入れにくいのかなと思っています。玉青さんのコメントを読んでも、。法律では特に厳罰にはならないものの、公序良俗に反するから無理という感じですね。フランスでしたか、死者の骨で壁を飾った地下聖堂とか、ドイツ(?)にもパーツをはずしていくとだんだん内臓が見えてくる美少女人形とかあるのに、日本ではこの対応ですから、根本的に感じ方が違うみたいですね。ちなみに、究極の人体模型「人体の不思議展」にはいらっしゃいましたか。私は未見です。検体の解剖写真集は、学校の課題で見させられましたが。

_ 玉青 ― 2011年08月30日 21時40分11秒

美術にしろ、文学にしろ、たしかにヨーロッパには、時代と地域を超えて、死を主題にした「死の文化」が濃厚にありますね。

もちろん、日本にも美人の死穢の様子を描いた九相死絵巻とか、凄惨な餓鬼草紙とか、『往生要集』とか、死を主題にした作品は数多くありますし、少し前まで死は本当に身近な存在でした。それでも、ヨーロッパのように強迫的とも思えるほど、文化のあらゆる局面が死の主題に埋め尽くされることはなかったし、お隣の中国にしたって、日本やヨーロッパ以上に、死と暴力が支配する時代が繰り返されたはずなのに、「メメント・モリ」の芸術が開花することはついにありませんでした。

なぜでしょう?
キリスト教の影響もいろいろと思い浮かびますが、根本的には「死と生のバランス」に東西の違いがあったんじゃないかなあ…と、ふと思いました。

中世のヨーロッパは本当に(比喩ではなしに)暗く、寒く、じめじめとした世界で、農業の生産性も、人口増加率も低い、停滞した社会だったと思います。ルネッサンスの時代が近づき薄日が差したといえ、今度は例のペストの大流行で、人口の大激減が生じました。
東アジアでは人口の停滞は生じても、国をあげて人口が激減するほどの事態にはついに至らなかった点が、ヨーロッパとは違うのかな?と思います。モンスーン気候と稲作のおかげでしょう。

記紀神話の世界では、黄泉の国で対峙したイザナギとイザナミが、「私はあなたの国の民を毎日千人殺しますよ!」、「それならば私は毎日1500人の産屋を立てよう!」と互いに応酬しましたが、そういった世界観に日本人の根源的な楽天性が表れているのかもしれません。

日本では「諸行無常」とか「おごれる者も久しからず」的な諦観が人気です。そして、ヨーロッパの中世末期に流行した「死の舞踏」についても、似たような視点から理解されることが多いと思います。しかし、日本的無常観があくまでも「個人」の有限性を主眼としているのに対し、ヨーロッパのメメント・モリは、個人を超えて、民族や国家自体が現実にいつ滅んでもおかしくない状況下で生まれた思想ですから、いっそう徹底して死と向き合っている印象があります。その民族的記憶が、今にいたるまで続いているのではないか…そんなことを、今ふと思いつきました。

(単なる思い付きなので、全然違うかもしれません。)

あ、ちなみに「人体の不思議展」は行ってません。
プラスティネーションに関する本を読んで、技術自体はたいへん興味深いと思いましたが、どうもああいうのは苦手です。人体模型は所詮作り物だから全然平気なんですが、やはり「本物の死体」になるといささか…

_ たつき ― 2011年09月02日 20時49分13秒

いいかげにしつこい、と言われそうですが、補足です。前のメールでドイツに美女人体模型が、と書きましたがあれはイタリアの間違いです。申し訳ありませんでした。それはラ・スペコラというフィレンツェ大学の付属機関で、ヨーロッパでは最も古い自然史博物館だそうですが、 ここが蝋製の宝庫だそうです。人間の剥き身がこれでもか、というほど並べてあります。元はメディチ家のものだったそうですね。以上、書いてしまいましたが、。もし御承知だったら申し訳ありませんでした。失礼いたしました。

_ 玉青 ― 2011年09月03日 17時42分12秒

こんにちは。
しつこいといえば、1つ前の私のコメントが相当粘着的で、たつきさんならずとも引くと思うのですが、どうも触発されやすい体質なために、ときどき不必要に長いコメントになることがあります。まあ、その辺は軽く流してください。

さて、お知らせどうもありがとうございました。
スペコラは写真集で見たことがあります。見た瞬間、うげげげという感じで、「人体模型は所詮作り物だから全然平気」と書いた手前、ちょっと何ですが、あそこまでリアルだとさすがに平気ではいられません。あれこそ東西の感性の違いをはっきり示す好例でしょうね。

_ 澤田 ― 2015年09月14日 22時09分06秒

これらの人体模型の写真は,どこで撮ったのでしょうか?
それとも拾い物ですか?

_ 玉青 ― 2015年09月16日 06時47分51秒

澤田さま、ブログの方が休店中のため、お返事が遅くなり申し訳ありません。
さて、上記の一連の写真はほぼ拾い物です(ヤフオクに出品された商品写真を、勝手借用させていただいたものが多いです)。
実際にこれだけの人体模型が一堂に会したら、すごい光景でしょうね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック