Glass Insects 22012年08月04日 09時15分08秒

“Insects”と複数形にしたので、ほかの虫たちにも登場してもらいましょう。

(小さなガラスの昆虫園)

いずれも直径3センチ(500円玉よりちょっと大きいサイズ)で、平凸レンズ型をしています。虫の姿はその平側に陰刻されていて、凸側から見ると、ちょうどフロスティ・ホワイトの昆虫が、ガラスの中に封じ込められているように見えます。

(ガラスのカミキリ。微妙な翅脈の凹凸など、細部もなかなかよく出来ています。)

(このハチも悪くはないんですが、後足の2本しか表現していないのは、文字通り手抜きかも。)

   ★

さて、これらの愛すべきガラス昆虫は、見た目の涼やかさに加えて、その来歴にもヒヤリとするものがあります。
以前、ナチス・ドイツの「冬季救貧運動(WHW ヴェーハーヴェー)」について書いたことがありますが、これらのガラスバッジは、当時行われた募金運動の募金章として配布されたものなのです。

素焼きの星座、あるいは冬の記憶
 http://mononoke.asablo.jp/blog/2011/05/14/5862243



ガラスの空間をすいすいと翔ぶ、愛らしいトンボ。
しかしその背後には、「自由」とは相容れない、暗い歴史もひそんでいます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック