改めてアンティーク星図の話(3)…収集の手引書2012年09月23日 09時53分21秒

前回の記事の末尾で「ハウツー」と書きました。
でも、私自身にそのハウツーがあるわけではありません。そもそも、私はアンティーク星図のコレクターではなく、たくさんの星図を手元に置いているわけでもありません。

しかし、これからアンティーク星図のコレクションを始められる方に何か有用な情報を…と考えたとき、絶対の自信を持ってお勧めできる本があります。

それはNick Kanas 著、『STAR MAPS: History, Artistry, and Cartography』(Springer)です。初版は2007年、初版の改訂版が2009年に出た後、初版に全面的に手を入れた「第2版」が今年出たばかりです。

(左:2009年改訂初版、右:2012年第2版)

Kanas氏の本業はカリフォルニア大学に籍を置く医学者ですが、星図コレクターとしても筋金入りで、本書に収められた大量の図版は、大半が氏の個人コレクションから採ったものです。

(多数のカラー図版も載っており、参考になると同時に目を愉しませてくれます。)

本書は、星図史全体の歴史的叙述、各星図の書誌、星図作者の伝記事項を遺漏なく盛り込んだ、大変な情報量の本です。巻末の付録・索引も完備しており、冒頭から通読しなくても、星図コレクションの際のレファレンスブックとしてだけでも大いに役立ちます。私は著者にも出版社にも、別に何の義理もありませんが、これだけの本(第2版)が、アマゾン価格で現在3,015円だというのですから、買っても決して損にはならないでしょう。

   ★

『STAR MAPS』の巻末付録Aは、レファレンスも含めて7ページほどの短い文章ですが、「星図の収集 Collecting celestial maps and prints」という表題で、非常に実践的な内容ですので、私自身の私見もまじえながら、その内容をかいつまんで見てみます。

(他人のふんどしを借りつつ、この項つづく)

コメント

_ mimi ― 2012年09月23日 20時57分34秒

なんと!有益な情報ありがとうございます。
つい、いましがたアマゾンでポチッと購入してしまいました。(笑)

私の場合、各地のブロカントに出向き、古書のお店を見つけると、2時間ほどかけて、本や画集、1枚ものの画図などを吟味するので、ピンポイントで指定して集めることがなかったんですよね。

なんというか、たまたまの出逢いに弱いもので・・・。(笑)
また、その古書のお店のおじさんたちが、非常に博識な方も多く、いろいろ解説してくれたりします。

実は、今までインテリア系の仕事をしていたので、16世紀くらいのお城や家の建築図をたくさん集めていましたが、植物画に続き、星図集めに没頭しそうです。
星図だけ集めたオークションなどもあると思いますので、フランスに戻ったら探してみます!

_ 玉青 ― 2012年09月23日 22時12分58秒

おお、お役に立てて幸いです。
このブログは人の役に立つ情報がめったに載らないことで有名ですが(有名というのは嘘)、今回は珍しく実用性のある記事になりましたね。(^J^)

古い城館から花の咲き乱れる野に足を踏み出し、ふと頭上を見上げたら、そこに無数の星が瞬いていた…そんな風に、mimiさんの視野が高く遠くに広がっていきますように!

_ パリの暇人 ― 2012年09月24日 17時21分32秒

お久しぶりです。 いつも楽しく拝見しています。
「STAR MAPS」の第二版を既にご存知ですか、さすがですね。敬服致します。私も古星図は大好きでいろいろ集めています。お互いに頑張りましょう!

_ 玉青 ― 2012年09月24日 22時45分18秒

○パリの暇人さま

あ、いつのまにか日本語フォントもOKになられたのですね。

おほめにあずかり、身の縮む思いです;
私の場合、たとえ経済的制約がなかったとしても、パリの暇人さんのように行き届いたコレクションは無理だろうなあ…という自覚があります。要するにこのブログのように、気が多いんですよね。何事も中途半端です。
でも、中途半端は中途半端なりに頑張りようもあると思うので、大いに頑張りますよ!
またいろいろご教示ください。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック