世界最小の星座早見盤(前編)2012年12月04日 13時22分57秒

寒サニモ頻断ニモ負ケズ、記事の更新を続けます。

   ★

以前、我楽多倶楽部製の、小さな小さな星座早見盤を紹介したことがあります。
http://mononoke.asablo.jp/blog/2010/07/26/5249861

これは、紙で出来たふつうの星座早見としては、依然世界最小かもしれません。
しかし、紙製という制限を取り払うと、世の中にはさらに小さな早見盤が存在します。しかも、内部に精巧な機構を備え、本物の星空とまったく同じ周期で回転し続けるという、まさにミクロコスモスと呼ぶにふさわしい早見盤。

ただし、それはいわゆる「星座早見盤」として売られているのではなくて、商品としては「時計」に分類されます。

   ★

シチズンが ― というよりも、同社に在籍した上原秀夫氏が、1980年代に前身のコスモサインシリーズを世に送り出して以来、不断の改良と試行錯誤を重ねた末に、2005年に完成させた究極の天体時計、それがASTRODEA(アストロデア)シリーズです。

(「アストロデア」2006年バージョン。アストロアーツさんのサイトより転載。http://www.astroarts.co.jp/news/2006/07/19astrodea/index-j.shtml

と、こんな風に書くと、なんだかメーカーのお先棒をかついで、いたずらに煽っているだけのように思われるかもしれません。しかし、上原氏の開発秘話を読んでいただければ、上のことが単なるセールストークではないことがお分かりいただけるでしょう。

ADTRODEA 開発秘話
 http://www.astrodea.jp/story/index.html

…と書こうとしたら、なんと肝心の「開発秘話」が公開終了しているのを知って愕然。ほんのつい最近まで見られたのに…。ネットの世界もまことに無常迅速。

気を取り直して、以前拝読した内容を以下略記します。

上原氏は、小学生時代の小口径屈折での観望体験から始まり、高校時代には木辺成麿氏の『新版反射望遠鏡の作り方』に学んで、鏡面研磨から組み上げまでの苦労を一通り体験されたという、正統派の(元)天文少年です。
1974年にシチズンに入社されてからも、一貫して天文マニアであり続け、2011年には東亜天文学会賞を受賞されたという、そのご経歴からも、氏の時計開発の背景は想像がつくことでしょう。
さらに氏は、自らの理想の製品を作り上げるために、シチズン本体を離れて、関連会社のシチズン・アクティブ社に移籍。そこで天体時計専門の事業部を設立し、アストロデア・ブランドを育て上げられたというのですから、それが凡百の色物商品とはまったく異なるレベルの製品であることも、お分かりいただけるはずです。

   ★

私には時計趣味がまったくないので(時計のカラクリには興味がありますが、高級時計をコレクションする性癖や資力はありません)、この美しいモノについても、ウォッチコレクター目線ではなしに、あくまでも一個の「機械式早見盤」として、天文古玩的目線で書こうと思います。

(この項つづく)

コメント

_ astray ― 2012年12月04日 14時39分24秒

下んない個人的な記憶で恐縮ですが。。。

学生時代に、初代のコスモサインを持っていました。
しかし、ここまで作ったのに、何故短針の動きが
太陽の動きと違うのかという辺りに納得いかず、
メーカーに長文の突っ込みを入れたことがあります。

その返事が来ていたという噂もあるのですが、
学生寮を出る時期と重なって、受け取れずじまいでした。
-- 就職関係の DM が山のように来るので、
-- 学生宛の郵便物はすぐ廃棄されてました。
返事を受け取ってたら人生変わってたかも ^_^;

今でも、短針は 24 時間で一周し、
しかも正午が下になるようにすべしと思っています。
-- 南天用の場合は上。
設定は、短針の位置に黄道の日付を合わせるだけになる。

時計は、20 世紀のおしまいくらいまで使ってましたが、
ケースの金属の腐蝕やらであまり使わなくなって、
やがてなくしてしまいました。

_ 玉青 ― 2012年12月05日 06時11分56秒

>返事を受け取ってたら人生変わってたかも

ふとしたすれ違いが人生を左右する…まさにドラマですねえ。

>短針は 24 時間で一周し、しかも正午が下

いわば「機械式日時計」のイメージですね。
試みに「24時間表示 腕時計」で画像検索したら、実際いろいろな製品が作られているのを知って驚きました。確かにその方が分かりやすいし、便利なのに、なぜもっと広く採用されないのか、不思議に思います。24時間表示にすることのメリットはたくさん思いつくのに、それを採用しないデメリットは、「これまでの習慣と齟齬を生じて混乱をきたす」ぐらいしか思いつきません。我々の生活が完全に12時間周期になっていて、午前9時と午後9時の間に何か深い結びつきがあるならまだしも、全然そんなこともありませんし。うーん、なぜなんでしょう…?

ところで、astrayさんのコメントに触発されて、「黄道を文字盤として、太陽の位置を示す針が1年かけてそこを一周する時計」というのを思いつきました。原理的には、これ一つで月日と時刻が同時に分かるというスグレモノです。あるいは、その「文字盤+針」の全体が、24時間周期で1回転するようになっていると、より完璧かもしれません。(でも、ヨーロッパの古い天文時計あたりにはもうありそうですね。)

_ astray ― 2012年12月05日 06時59分09秒

> ヨーロッパの古い天文時計あたりにはもうありそうですね

ナルダンの天文三部作辺りが近いかも。
値段は、桁が 3 つ以上上ですが ^_^;
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%B3

和時計も、太陽の動き通りだった覚えが。

_ S.U ― 2012年12月05日 07時46分11秒

 天文関係の方々には、いろいろ時計への憬れやこだわりがあるみたいですね。
  私の知り合いのハワイの宇宙線観測が専門の研究者は、恒星時を示す時計がほしい、と言っていました。確かに上原氏の時計の星座板は恒星時を示していますが、「恒星時」ですから針が示すのがほしいという意味だったようです。そんなのはありますでしょうか。(回転周波数を約1/365だけスピードアップさせる機能をつけておけばいいんですよね)

 私は高い腕時計は買えないので(実用するにも見にくそうだし)、太陽系の惑星の動きが出るカシオだったかの液晶デジタル目覚まし時計を買って、長年愛用していました。

_ 玉青 ― 2012年12月05日 20時40分22秒

※1つ前の私のコメントを訂正します。
×「それを採用しないデメリットは」→ ○「それを採用することのデメリットの方は」

○astrayさま

ぐは!
私は古い教会や市庁舎の壁に取り付けられた、大時計をイメージしていたんですが、腕時計にもそうした機能が、いやさらにそれ以上のものが詰め込まれていたとは!
うーん、それにしてもご紹介の時計たち、スゴイですね。時計趣味のない私でも思わず引き込まれます。(お値段もすごいですが^_^;)

○S.Uさま

>恒星時を示す時計

仰る通りアストロデアには地方恒星時表示機能がありますし、同じく上原氏が手がけられたシチズンの「ムーンサインシリーズ」には、それ専用の表示盤を備えたタイプ(http://citizen.jp/discovery/model/1980/lmp43-9421.html)もあるようです。ただし、針で表示するタイプの時計があるかどうかは、寡聞にして知りません。

まあ今の時代、スマホのアプリかなんかで、恒星時だろうが何だろうが簡単にピピッと表示できるんでしょうが、(お知り合いの方は知らず)歯車フェチの時計好きは、それでは満足できそうにないですねぇ。

_ S.U ― 2012年12月06日 07時33分17秒

>恒星時を示す時計~針で表示するタイプの時計があるかどうか
 恒星時は板の回転あるいは円環の目盛りで示している、ということですね。
 私の知り合いは(最近は会っていませんが)シャレためずらしいモノが好きそうな人だったので、やはり腕時計の針じゃないとだめだったと思います。もっとも、星座の見えない昼間から恒星時を示す時計を眺めて商売になるのは、宇宙線物理学者と電波天文学者くらいかもしれないので、実用面の要求についてはうかがい知れません。

 astray様ご指摘の太陽の動き通りの和時計は、文字盤の目盛りを季節によって取り替えるのだったと思いますが、こんな天文に関した交換部品のある時計は、現代に(あるいは海外に)あるものでしょうか。

_ 玉青 ― 2012年12月06日 20時35分05秒

>天文に関した交換部品のある時計

これまたよく調べもせずに書きますが、たぶんないんじゃないでしょうか。
そんなおっとりした品が現代にもあれば嬉しいのですが…

_ 桑島康二 ― 2016年09月05日 22時54分56秒

Web Archiveに保存されていました。

http://web.archive.org/web/*/http://www.astrodea.jp/story/index.html

_ 玉青 ― 2016年09月06日 06時28分50秒

ご教示いただき、ありがとうございます。
これは懐かしい!あれから4年近く経ちましたが、お教えいただいたリンク先のページを読み、当時の気分が鮮やかによみがえりました。
それにしても、ネットの海は深く広大ですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック