賢治の抽斗(第3夜)…懐中星座早見2013年06月21日 21時29分50秒

鉱物につづき、これまた賢治作品の主要モチーフである<天体モノ>も、彼の抽斗には欠かせないところ。で、これについてはあまりひねらずに、星見の友である星座早見盤をラインナップに加えようと思います。

賢治自身、星空を見上げる際には早見盤を愛用しており、「銀河鉄道の夜」を書く際も、それを傍らに置いていたらしい…というのは、以前も書きました。そして、この連載のポイントは「かさ張らないこと」ですから、ここではなるべく小ぶりで、気の利いたものを選んでみます。

   ★

以前、フィリップス社の星座早見を取り上げたことがあります。


↑と↓はいずれも既出で、それぞれ元記事は以下。
http://mononoke.asablo.jp/blog/2011/12/23/6258104
http://mononoke.asablo.jp/blog/2012/02/04/6321064


紺地に白の星図、黒いカバーに金文字の配色がきわめて美しい、星座早見史に残る傑作だと思いますが、この早見盤には一種の“懐中版”が存在します。


通常版は、円盤部の直径が25cm強なのに対し、懐中版の方は12.5cmと、約半分の大きさ。これぐらいの大きさならば、コートのポケットに、すっぽり入りそうです。文字通り「ポケッタブルサイズ」というわけで、旅先へ携行の便を考えた品なのでしょう。


ですから、先日のお菓子の缶にも、ちょこんと入ります。


小さいとはいえ、星座早見盤としての機能は通常版に劣りません。
5等級までの星と、かそけき銀河が、小さな円盤上に律儀に表現されています。
ただし、あまり数が作られなかったのか(需要がなかったせい?)、現在マーケットで出会う頻度は、通常版よりもぐっと低いようです。

(使用法を説明した裏面)


鮮やかな色の対比が、これまた実に洒落ていて、ハイカラ好みの賢治さんも、必ずやお気に召すことでしょう(星図部分の地色は、紺というよりも、深緑を帯びています)。

(この項まだつづく)

コメント

_ S.U ― 2013年06月22日 12時10分19秒

この英国製の小型版の星座早見もいいですね。いつ頃に売り出された物でしょうか。
 こういう小さな星座早見は、日本では十数年ほど前から売られるようになって、科学館のショップなどでついつい手にとって小さな星座を確認してしまいます。もっと小さいキーホルダーになっているのもありますね。暗いところでこんなのが実用になるとはなかなか思えませんが。

 もし賢治さんがこんな小さな星座早見を持っていたとしたら、...童話に出てくる少年が森に持って行って、「これお前にやるよ」とリスか何かに気前よくあげてしまうところが心に浮かびました。

_ 蛍以下 ― 2013年06月22日 14時16分51秒

>紺というよりも、深緑

吸い込まれそうになる美しさですね。
天文古玩ファンであれば郷愁を覚える色の一つではないでしょうか。

_ 玉青 ― 2013年06月22日 19時24分15秒

〇S.Uさま

この早見盤は、たぶん20世紀の第1四半期のものだと思います(1930年代あたりまで下る可能性もあります)。
リスまで登場させるかどうかはともかく(笑)、なんとなく童話チックな風情が、まさに今回の企画向きの逸品と言えるのではないでしょうか(自画自賛)。

〇蛍以下さま

この色、いいでしょう。私も大好きです。
縹(はなだ)、納戸(なんど)、青鈍(あおにび)…ちょっと日本の伝統色を感じさせる色合いですね。

_ S.U ― 2013年06月22日 20時29分23秒

>20世紀の第1四半期
 案外古い物なのですね。「懐中版」は実用性に欠けるようなことを書きましたが、そんな昔なら、逆に時計として使ったとかいう用途もあるのでしょうか。

_ 玉青 ― 2013年06月23日 17時07分48秒

>そんな昔なら、逆に時計として使った

北斗を見て時を計ったという、いにしえは知らず、さすがに20世紀ですから、やはりこれは純粋に天文趣味の道具として使われたんじゃないでしょうか。(時刻の方は、懐中時計一つで用が足りますから。)

とはいえ、20世紀に入ってからも、わりと最近まで、星座早見が(趣味ではなく)立派な実用の具として使われた分野があります。それは航行天文学の分野で、主要星座(と目につく星)のみを刷り込んだ、ナヴィゲーション用の早見盤がたくさん作られ、今でも折々古物市場で見かけます(星図の上に、緯度によって異なる透明テンプレートを重ねて使う形式です。主に軍用ですが、民生用もあったかもしれません)。

_ S.U ― 2013年06月24日 06時56分37秒

>、さすがに20世紀ですから、やはりこれは純粋に天文趣味の道具として

 さすがにそうですかね。私の手持ちの携帯星座早見(東京セイル社製)の裏面が日時計になっていたので、そういう用途もあるかと想像してみました(私のものは1990年代に買った子ども向けと見られる品です)

 野尻抱影ほかによる日本の天文民俗学の調査によりますと、星座で時刻を知ったのは、ほぼイカ漁船と炭焼きに限られるようで、ほかは家の時計を利用する、あるいは夜は時刻は気にしなくてよい、ということでだいたいすんだようです。
 英国では事情が違って、ということも考えましたが、夜に特別な仕事のある人は、みな懐中時計を持っていたかもしれません。

 軍や航海では、おもに方角を知るためでしょう。20世紀になってから星座で時刻を知ったという例は、世界のどこにあっても希少価値があるのかもしれません。

_ 玉青 ― 2013年06月24日 21時54分12秒

>世界のどこにあっても希少価値

日本は、星をめぐる民衆文化が貧弱である…という問題意識から、そもそも天文民俗学はスタートしたと思いますが、上のように考えると、なかなかどうして、日本の星習俗は自己卑下するどころの話ではないかもしれませんね。

_ S.U ― 2013年06月25日 07時11分10秒

>星をめぐる民衆文化が貧弱である…という問題意識から

派手さはまったくないのに日本の天文民俗の白眉となっている生業に関わる星の利用を、伝え続け集め続けて下さった先輩方には感謝に堪えません。
 おそらくは、どこの国にもそのような利用法があったのではないかと思いますが、それが広く一般向けに出版された国は、本当に幸運なことであったと思います。

_ 玉青 ― 2013年06月25日 23時40分16秒

げにも、げにも。
そして先人の労に報いるとともに、新たな天文民俗の発展を願って、満天の星空をこの国に取り戻す努力も重ねたいですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック