天体議会の世界…ペンシルロケット(2)2013年09月10日 22時12分06秒

昨日登場した白銀のペンシルロケット。
なかなかスマートでカッコいいと自画自賛していますが、昨日の記事には一つ嘘が交じっています。

もうお分かりの方もいらっしゃるでしょうが、あのロケットは空を飛びません。いや、ひょっとしたら、お尻から火薬をギュウギュウ詰め込んで火を着けたら、ちょっとは飛ぶかもしれませんが、本来の目的は飛ばすためのものではありません。

   ★

あれの本来の姿はこちら。


逆光で見にくいですが、このロケットは旧ソ連(1970年代頃)の土産物の一部を取り外したものです。底部の「噴射口」は、台座に留めるためのネジ穴。ここにカプセル状の燃料を装填して云々…というのは、私の単なる妄想です。

この土産物は、もともとモスクワの南西、約150キロの所にある、カルーガという町に立っているモニュメントをかたどったもので、現物はこんな姿をしています。


このモニュメントの主こそ誰あろう、偉大なる「ロケット工学の父」、コンスタンチン・ツィオルコフスキー(1857-1935)その人です。
彼自身は、実際にロケットを飛ばすところまで行きませんでしたが、早くも20世紀初頭に、液体水素と液体酸素を燃料とする、現代に通じる流線型ロケットの設計図を発表しており、ここにそびえるロケットの像は、その偉業をたたえるものです。

(ミニチュアのツィオルコフスキー)

(この土産物は、ソ連では一時非常にポピュラーだったらしく、かつてブレジネフとキューバのカストロ議長が会見した場面にも写り込んでいます。)

   ★

今回は、なかなかイメージに近いロケットが見つからなかったための、苦肉の策でしたが、さらに屋上屋を架すが如く、「エスビット」などという、一見どうでもいい小道具をなぜ付け加えたかというと、ロケットとは関係ありませんが、ぜひこの機会にご覧いただきたいモノがあったからです。

(話題を転じつつ続く)

コメント

_ S.U ― 2013年09月11日 22時16分11秒

やはりそうですか。ロケットの胴体と尾翼が肉厚だったので、怪しいと思いました。それでも、ブレジネフとカストロが本腰を入れたら、かつてのソ連の巨大ブースターのように気迫で飛ばしたかもしれません。

_ 玉青 ― 2013年09月12日 06時08分50秒

あはは、やっぱり先刻お見通しでしたか。(^J^)
見かけはそう悪くないんですけど、どうも贅肉が…。
メタボに負けず、ぜひご両人の気迫で大空を飛ばしてほしいものです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2013/09/10/6977793/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。