リアル天文趣味…か……2013年12月03日 21時53分30秒



再読中。

■チャールズ・レアード・カリア(著)、北澤和彦(訳)
 『ぼくはいつも星空を眺めていた―裏庭の天体観測所』
 ソフトバンク・クリエイティブ、2006

初読の際の感想は以下。
http://mononoke.asablo.jp/blog/2006/12/10/992312

   ★

小さな頃から天体観測に熱中していた少年。
彼は当然のように天文学者になることを夢見ていましたが、ハイスクールのとき突如文学に目覚め、天文から心が離れていきます。あれほど大事にしていた望遠鏡も、天文関係の本も、一切合財知り合いに譲り渡して…。

彼はやがて結婚し、父親となり、住宅ローンを抱え、その身辺には平凡な日常が流れていきます。そんなある日、娘の一言から空を見上げた彼は、すっかり忘れていると思った星座を、すべて娘に説明してやれる自分に気づきます。その経験が彼の心に火を点け、彼がふたたび望遠鏡を、さらに自分だけの観測小屋を手に入れることを決意するまでに、大して時間はかかりませんでした。

   ★

これは多くの天文中年がたどった道であり、また天文以外の趣味の分野でもありがちな、ある意味普遍的なストーリーだと思います。しかし、その心模様をこれほど生き生き綴ったノンフィクション作品は稀有ではないでしょうか。
通勤電車の中で読んでいると、私の心にもリアル天文趣味に回帰したいという気持ちが、じりじりと押し寄せてくるのを感じます。

しかし―。地下鉄の駅から地上に一歩出れば、足元にはナトリウム灯、水銀灯、蛍光灯が作り出す濃い影がくっきりと落ち、大通りにはヘッドライトとテールランプが列をなしています。そして「やっぱりダメだな…」と呟く自分がいます。裏通りに入って、ようやく1等星が見えてくるという環境ですから、正直、天文趣味もヘチマもない感じです。

   ★

そんなわけで、結局は天文古玩趣味にすがるしかないのですが、今回この本を再読しようと思ったのは、実はそっち方面の関心が影響しています。というのは、この1958年生まれの著者の体験のうちには、一般の人とはいくぶん違った要素があって、そのことがフト気になったからでした。

(この項つづく)