愛しのツィオルコフスキー(2)2014年08月27日 06時13分25秒



ツィオルコフスキーの生地イジェフスコエ、最初の教員生活を送ったボロフスク、1892年以降、人生の大半を過ごしたカルーガ、そしてモスクワの位置関係。グーグルによれば、この順に車で回ると、総距離629km、所要時間8時間22分と表示されます。彼の一生は、ほぼこの範囲で営まれました。

ウィキペディアをつまみ食いして書くと、カルーガはカルーガ州の州都で、人口34万人。中世にさかのぼる小都市で、今は自動車関連が主要産業だそうです。
そして、カルーガにちなむ有名人といえば、何といってもツィオルコフスキーに指を屈し、町には「ツィオルコフスキー記念航空宇宙学歴史博物館」という立派な博物館があります。英語版公式サイトは以下。

ツィオルコフスキー記念航空宇宙学歴史博物館(英語版)
 http://www.gmik.ru/index_en.html

そして、その一部門という形で、ツィオルコフスキーの旧居が保存・公開されています。

ツィオルコフスキー旧宅記念館
 http://www.gmik.ru/dom_en.html

ロシア語版サイトには、そのヴァーチャルツアーも用意されているのを発見。

ツィオルコフスキーは、この建物に1904年(46歳時)から29年間住みました。
その後、市政府はこの偉人のために新しい住居を提供し、そこで1年間暮らした後、彼はこの世を去ったのでした。

この家は、現況でも大学者の家としては十分質素ですが、途中で増築する以前は、平屋建てで居間が一間きりという間取りだったそうですから、当時のツィオルコフスキーの生活態度がどんなものだったか、自ずと分かろうというものです。

   ★

このカルーガの町に立つ、ツィオルコフスキーのロケットをかたどったモニュメントと、それをミニチュア化したお土産は、以前も登場しました。


で、最近これはいいなと思ったのは、同じモニュメントをデザインした記念封筒です。



星明りに照らされた銀のロケットも素敵だし、


ツィオルコフスキーの旧居を模したスタンプも愛らしい。
1961年9月19日の日付が見えますが、これは彼の一周忌に合わせて旧宅記念館がオープンしてから25周年を記念して発行されたものです。

(この項つづく)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2014/08/27/7422530/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。