壜詰め一本勝負…貨幣石2014年11月01日 10時05分28秒

11月の初日は冷たい雨の降る、暗い日となりました。でも、心はかえって静かです。
ちょっとビジュアル的に変化に乏しいですが、今日も一本勝負でいきます。


ユーカリに続く壜の中身は貨幣石


コイン状の扁平な殻をもった巨大な原生動物の化石です。
沖縄土産の「星の砂」と同じ有孔虫の仲間で、今からおよそ5000~3000万年前の古第三紀に栄えました。


破れたラベルに書かれた文字は、

  「天皇陛下行幸ノ….. 
   献上セラレシ品ト…...
   殿木氏寄贈」

時代ですね。まさに時代というほかありません。
ネット情報によれば、貨幣石献上云々は、昭和天皇が昭和2年(1927)、小笠原諸島の母島を訪れて、生物採集を試みた際のエピソードのようです(その貨幣石の産する海岸が、現在「御幸之浜」と呼ばれている由.)。殿木氏の何者たるかは謎。

  ★

ところで貨幣石の本体(殻の中で生命活動を司っていた細胞体)って、どんな姿なんだろう?と思って検索しましたが、途中で「そうか、それは永遠に謎だったな…」と気づきました。たしかに現生の有孔虫を見て、その姿を想像することはできます。しかし、その実物を見た人はいませんし、これからも見ることはないでしょう。

(…と、断言するのも危険で、クラゲの化石が見つかっているぐらいですから、ひょっとして貨幣石のヤワな本体が、何らかの痕跡をこの世に残している可能性はあります。)

   ★

それにしても、化石になりうる殻も、骨も、歯も持たず、そして現生の子孫も残っていないために、人間の知識の埒外にいる生物ってどれぐらいいるんでしょう?
何せ人間の知識の埒外というぐらいですから、カウントのしようもありませんが、宇宙における暗黒物質のごとく、それが予想を超えて多い可能性はないのでしょうか。