「野尻抱影の本」…カテゴリー縦覧:野尻抱影編2015年04月12日 16時03分18秒

ブログのカテゴリーの順番に沿って話題を出し続ける「カテゴリー縦覧」。
天文プロパーの話題が終って、以下、しばらくは天文以外の話題が続きますが、抱影や賢治は、まだまだ天文気分の濃い領域です。

   ★

野尻抱影(1885-1977)という人は、ずいぶん多作な人で、ウィキペディアに載っている著作を数えたら、大正13年の『三つ星の頃』から、昭和52年の『星・古典好日』に至るまで、生前に出た単著の数は60冊を超えていました。中には旧著を再編集しただけの本もあると思いますが、それにしても大した量です。

「星の文学者」として隠れもなく、熱心なファンも多いはずなのに、しかし、その全集が編まれたことはついぞありません。抱影、賢治、足穂という、ペンを手にした夜空の大三角のうち、全集を持たないのは抱影だけです。ちょっと不思議な気もしますが、その主要テーマが「天文」とピンポイントなので、やはり絶対的な需要は限られるのでしょう。

   ★

とはいえ、その筆業を概観するのに便利な本があります。
以前、筑摩から出た「野尻抱影の本」という4巻本選集です。


1989年1月7日、昭和天皇没。
その直後の1月25日が、第1回配本の『星空のロマンス』(石田五郎編)の発行日になっています。その後、月を追って1冊ずつ配本があり、2月『山で見た星(宮下啓三編)、3月『ロンドン怪盗伝(池内紀編)、4月『星の文学誌(原恵編)が出て完結。

抱影が生き、慣れ親しんだ明治・大正・昭和の三代が遠い世界になりつつあったときに、その選集が出たことに、少なからず感慨を覚えます。

(安野光雅さんの装幀が洒落ています。)

この選集は、抱影のことを知る上で、とても目配りの利いた構成になっています。

第1巻『星空のロマンス』は、「抱影節」の効いた天文エッセイ集で、いわば抱影のスタンダードナンバー。続く『星の文学誌』は、本業の知識(彼はもともと英語の先生でした)を生かした、星座神話や天文英詩についての評論集。第3巻『山で見た星』は、必ずしも天文に限らない、自伝的エッセイや小品、少年小説、山行記などが収められており、若い頃関心を示した、心霊の話題なども顔を出します。

そして第4巻は『ロンドン怪盗伝。ちょっと意外に思われるかもしれませんが、抱影が星と並んで興味を抱いたのが「乞食と泥棒」で、抱影のその方面の仕事も取り上げているところが、この選集の優れている点です。抱影は頭上の星ばかりでなく、生身の人間にも深い関心を寄せていました。

(『ロンドン怪盗伝』の帯。池内紀氏の解説文からの引用)

かつて松岡正剛さんは、生前の抱影に、その関心の由来を尋ねたことがあるそうです。

 なぜ星の専門家が乞食と泥棒に関心をもつのかというと、
これはぼくが直接に聞いたことだが、
あなたねえ、天には星でしょ、地には泥棒、人は乞食じゃなくちゃねえ」
というのである。
(松岡正剛の千夜千冊:野尻抱影『日本の星』 http://1000ya.isis.ne.jp/0348.html

洒脱といえば実に洒脱。
金持ちや権力者なぞ屁でもないという、抱影の反骨精神が頼もしいです。

   ★

洒脱といえば、第3巻の帯に出てくるエピソードはどうでしょうか?


思わずクスリとする、胸のすくような話ではありませんか。
ちょっとへそは曲がっていますが、なかなか面白い老人ですね。
この老人が逝って、今年で38年。日本の世相もずいぶん変わりました。

コメント

_ S.U ― 2015年04月13日 08時07分05秒

野尻抱影の洒脱味は、「明治の紳士」のそれですね。もう今となってはそういう人はいませんので、うまく説明もできませんし、感じるだけでももうよくわからない感覚になってしまいました。でも、今から40年ほど前にはいかにも明治の紳士の振る舞いやら文章というのが感得されました。抱影は、テレビで見たことがありますが、背筋が伸びて、ごにょごにょと小さい声なのだけれども、でも、内容はけっこうはっきりとものを言っている、そんな感じの人だったように思います。
 巨人でも時代だけはどうしようもないようで、足穂、賢治は、「大正の人」ですよね。

_ 玉青 ― 2015年04月13日 22時34分36秒

明治人のまとっている雰囲気を、私もリアルに思い浮かべることができます。
私共が子どもの頃は(と、S.Uさんを巻き込んで恐縮ですが)、老人といえば明治生まれで、その生きた実例に事欠きませんでしたから、それも当然でしょう。
それにしても、あの雰囲気は何ですかねえ、要は「苦労人」のそれでしょうか。
生まれた年からすれば、私なんか必然的に昭和人のオーラをまとっているはずですが、どうも「昭和の紳士」にはなれそうもありません。何だかんだ言って、明治人に比べて苦労が足りないせいかもしれません。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック