胸元をかざる宇宙のヒーロー…カテゴリー縦覧「こまごまグッズ」編2015年08月12日 06時04分14秒



以前も登場したスプートニク3号のシガレット。
http://mononoke.asablo.jp/blog/2015/04/04/7603862

今日は「こまごまグッズ」なので、その中身を見に行きます。
中身はこれ以上ない…というぐらいこまごましたピンバッジ。


1950年代~70年代、東西冷戦下で展開された、米ソの宇宙開発競争。
現在の中高年世代は、そのころの世間の空気をよくご存知と思います。
スペースロマンと国威発揚がないまぜになった宇宙開発の話題は、当時恰好のプロパガンダツールでしたが、このソ連製ピンバッジも、そんな時代の空気を今に伝えています。


宇宙時代到来のたしかな道筋をつけた、ロケット工学の父・ツィオルコフスキー(1857-1935)。本物のロケットが飛ぶ頃には、すでに過去の人でしたが、ソ連ではずっと英雄扱いでした。

(決めゼリフは「地球は青かった」)

ボストーク1号(1961)で、人類初の有人宇宙飛行を成し遂げた勇士、ガガーリン(1934-1968)。

(同じく「ヤー・チャイカ(わたしはカモメ)」)

ボストーク6号(1963)で、女性として初めて宇宙飛行をしたテレシコワ(1937-)。

   ★

ガガーリンも、テレシコワも、今では注を付けないと伝わりにくいかもしれません。
とはいえ、人々に感動を与えたその有名なセリフも、多分に誤訳・誤伝によるもの…なんてことは、さっきウィキペディアで知ったばかりなので(※)、私にしても、そう偉そうに言うことはできません。

(※)わりと即物的な通信内容だったのが、いろいろ潤色されて「名セリフ」になったらしいです。まあ、そこが報道記者の腕の見せ所だったのでしょう。


ガガーリンが乗り込んだボストーク1号。すっきりしたデザインがカッコいい。


黒地に金が映える宇宙船。ボストーク1号の本体(左側の球体)とロケット最上段。


ボストーク計画に先行したスプートニク


何だかよく分からないけれども、うねうねと遊泳する宇宙飛行士。
変な絵柄ですが、背景の緑がきれいです。

   ★

カッコよくもあり、かわいくもあり。
たかがピンバッジとはいえ、そのデザイン力はなかなかあなどれません。
冷戦下の鬱屈した思いが、地上に託せぬ夢をせめて宇宙に託そうと、こういう瑣末な対象に自ずとはけ口を求めたせいかもしれません。