理科室少年の部屋2017年01月10日 22時59分23秒

仮想現実がいくら進化しても、自らが身を置くリアルな物理環境を、思いのままに作り上げたいと願うのは、人間として自然な感情でしょう。

そういうわけで、昔も今もインテリアに凝る人は少なくありませんし、私も素敵な部屋の写真を眺めるのは結構好きです。まあ、見ても自室が整うわけではないのですが、彼我の懸隔が大きいところにこそ、憧れも生まれるのでしょう。

   ★

別件で画像検索していたら、「RoomClip」(http://roomclip.jp/)という、インテリア好きの人たちが写真を共有するサイトに行き会いました。そして、そこで「理科室少年のインテリア実例」とタグ付けされた写真が並んでいるのを発見し、「あ、これはいいな」と思いました。


理科室少年のインテリア実例 http://roomclip.jp/tag/415076

驚いたのは、これが全てR-TYPEさんという、ただお一人の方が投稿されたものであることです。R-TYPEさんは、さまざまなアンティークや標本を蒐集され、それを魅力的にディスプレイして、博物館的なお宅を目指されているという、僭越ながらまことに共感できる趣味嗜好の方です。

もちろん、R-TYPEさんと私とでは、「快と感じる散らかり具合」や、色彩感覚も多少異なるので(私はどちらかといえば混沌とした空間を好みますし、いく分暗い感じの方が落ち着きます)、R-TYPEさんのお部屋をダイレクトに目指すことにはならないのですが、それでもこういう方の存在を知って、とても心強く思いました。

   ★

最近は、以前ほど「理科室風書斎」の話題を語っていませんが、久方ぶりにそっち方面の話題も出してみようかな…と思いました。

コメント

_ Nakamori ― 2017年01月11日 15時46分05秒

期せずして成る美しさも捨てがたい、と思います。

大昔に通っていた大学の薄暗い廊下(理学部でした)には、いつの頃からあるのか分からない、何のために使われるのか分からないような物が無造作に並べられていましたが、不思議と違和感が無く、日常の光景として、「そんなもの」だと受け入れてきたように思います。

今思い返すと、あのときの廊下の様子を写真に納めておけば、玉青さんにお見せできたのに、と後悔しております。

それから妙な例えですが、自分が美しいと自覚している女性よりも、自覚していない美しい女性の方が好ましく感じられるのは、男の勝手でしょうか(笑)

研究に没頭する部屋の主によって、露程も美観を意識されず、乱雑であるが、しかし機能的な部屋というのも、ひとつの麗しい理科室の姿と思われます。

_ 玉青 ― 2017年01月12日 21時21分53秒

いやあ、それは残念ですね。
でも、こういうのは心の奥深くに刻まれているからこそ、いっそう貴重なのかもしれません。何気ない「あの日」の思い出が、今となってはこの上なく大切なものと感じられる…そういう経験は、人生を重ねるにつれてますます増えてくるなあと、このごろ感じています。

>妙なたとえ

(笑)まあ、女性・男性を問わず、「さりげなさ」は常にあらまほしいですが、あれはなかなか望んで得られるものでもないですね。

_ R-TYPE ― 2017年02月14日 21時36分58秒

初めまして。R-TYPEと申します。今、ブログを拝見させて頂いていたところ、何と私の部屋の事が取り上げられているではありませんか!!何と光栄な事でしょう!以前から定期的にブログを拝見させて頂いており、私の博物趣味に多大な影響を与えてこられた大先輩(勝手にすみません、、)に、逆に見つけて頂けるとは!!(驚)
もう、お恥ずかしい限りです。しかしながら、ご縁を感じずにいられません。確かに私は玉青さんとは趣を異とする、“光系ヴンダー”と言えるかもしれませんね。玉青さんのブログは私にとって、星天を仰ぐ知識の海です。私はさながら、海の深さになど考えも至らず、夜の浅瀬に足をつけて一刻の涼を得ている酔狂者です。
中部地方の人間ですが、ダーウィンルームさんや、六甲昆虫館さんやら、ウサギノネドコさんなど、津々浦々に出没中です(笑)

_ 玉青 ― 2017年02月15日 07時12分11秒

R-TYPEさま、初めまして。
素敵なお部屋を拝見させていただいた上、こうしてコメントまで頂戴し、私の方こそ光栄この上ないです。また、以前から拙ブログをご覧いただいていた由、そのご縁に驚くとともに、とても嬉しく思いました。
「大先輩」の称は面映ゆいので、ひっそりとご辞退させていただくとして(笑)、こちらこそまた大いに眼福を得させていただきたく、また津々浦々の博物スポットで行き会うようなことがありましたら、改めてご挨拶させてください。
それでは、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。<(_ _)>

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック