雪の絵本2017年01月14日 12時10分27秒

夕べは空を一面雲が流れ、星はろくに見えませんでした。
でも雲を透かして、一つだけ星がやけに明るく輝いていました。
東方最大離角を過ぎたばかりの金星です。

ふだんは瞬かない金星がちらちらするのを見て、「これは来るぞ…」と思ったら、やはり夜半からしきりに白いものが降り始めました。

今日は一日雪。
こういう日には、どうしても読みたい本があります。


児童文学者・神沢利子さん(1924~)の筆になる、雪にちなんだ美しい文集、雪の絵本』(昭和46、三笠書房

(目次の一部)


「雪うさぎ」の一節。
子供が雪でこしらえる、あの雪うさぎではなく、冬になると白毛に替わる野うさぎの生態についてのエッセイ。

雪明かりに照らされた紙の色。
江戸時代の『雪華図説』からとった雪の絵が文章を彩ります。


清少納言と「香炉峰の雪」のエピソード。

日本の古典、おとぎ話、近代の詩人の作品などを引きながら、文章は静かに綴られていきます。そしてまた、自身のあふれるような思い出も。

南樺太のそのまた外れの村で過ごした、少女時代の明るく楽しい雪遊びの思い出(著者のお父さんは、炭鉱会社の事務員として、一家を連れてこの辺境の地に赴任していました)。その後、東京から信州へと移り住んだ、戦時下の青春時代の哀切な記憶。

   ★

窓の外にも、本の中でも、雪はまだ降り続いています。

コメント

_ Nakamori ― 2017年01月14日 21時41分22秒

「雪山のうさぎたちの乱舞を見ているものが、空の月ばかりだとしたら、もったいないような気がします。」

いいですねえ~。見ているのが月、ってことは、きっと月光に照らされた原野が拡がっているのでしょうね。情景が浮かんできます。

素敵な作家を教わりました。ありがとう!

_ 玉青 ― 2017年01月17日 06時50分42秒

青白く輝く雪原で、月を見上げるウサギ。そしてウサギを見下ろす月。
なんだか幻のようですが、でも確かにそういう情景は存在するのでしょうね。

_ Nakamori ― 2017年01月19日 21時26分41秒

『雪の絵本』を古書店から入手して読んでおります。神沢さんの文章も美しいですが、何より本そのものが美しいです。雪の結晶図の控えめな色使いも、透かし絵のようで大変好ましく感じられます。

それから、少しかすれたような文字を見ていて気がついたことがあります。この本は活版印刷なのですね。手元にある確実な活版印刷の本=『おるもすと』(吉田篤弘著)の文字を実体顕微鏡で覗いてみたら、文字は少しかすれていてかつ凹みがありました。そして『雪の絵本』の文字にも。

いつから平板な写植印刷にとって変わられたのでしょうか?これまで意識して眺めたことはありませんでした。そうそう、高校時代に郷里の本屋で見つけて愛読書になった『わが銀河の発見』(原著=The Discovery of our Galaxy)の文字にも好ましい凹みがありました。この本は偉大なハーシェルを知った大切な本です。

_ 玉青 ― 2017年01月21日 11時42分36秒

おお、買われましたか。
これまで意識していませんでしたが、確かに活版であってこそ、この本は一層美しさを増す感じですね。
そういえば、自ブログの話題で恐縮ですが、以前こんな記事を書きました。
http://mononoke.asablo.jp/blog/2013/11/28/7081567

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック