死者を照らす月2017年02月05日 14時00分33秒

今日は一日冷たい雨。

   ★

心が索漠とした夜。
不安を抱えて眠れない夜。
そんなときは、そっと寝床を抜け出して、暗い世界に足を踏み入れ、闇の存在と言葉を交わす方が、いっそ気持ちが安らごうというものです。


深夜の散歩者を気取りたくなる、手彩色の幻灯スライドを手にしました。


時代は19世紀末、メーカーはおなじみのニュートン社。
(参照 http://mononoke.asablo.jp/blog/2014/02/10/7218715


被写体となっているのは、イングランド中部のレスターシャー州ラターワース(Lutterworth)の町に建つセント・メアリー教会。小づくりな教会ですが、現在の建物は13世紀にさかのぼる歴史遺産だそうです。

この教会では塔のある方角が西なので、満月の位置を考えると、現在の時刻は、未明から明け方に移る頃合い。我々の深夜の散歩も、そろそろ終わりが近いことを告げています。

それにしても、見るからにゴシック趣味に富んだ画題ですね。
工業化が日に日に進む社会を横目に、当時の人はこういう風情を愛でながら、ブラム・ストーカーの『ドラキュラ』を読みふけったりしたのでしょう。

   ★

余談ながら、わが家は隣が墓地なので、墓石ごしにお寺の本堂の屋根を見上げると、ちょっと似た構図になります。

コメント

_ 蛍以下 ― 2017年02月05日 22時44分45秒

ご無沙汰しております。
我が家も墓地に隣接していて、その向こうにミッション系女子大のチャペルが見えます(ご紹介のスライドが、どことなく世俗化された感じです)。
眠れない夜は、その女子大前のスーパーに酒を求めて深夜の散歩。
日中は鹿の遺骨など一瞥しながらの山歩きの日々です。

_ 玉青 ― 2017年02月11日 15時40分10秒

蛍以下さま、お返事が遅れ、申し訳ありません。
相変わらず清雅なライフスタイルとお見受けします。
まことにご同慶の至りです。

酒も好し、鹿のむくろを見送りながらの山歩きもまた好し。
私の方は、早く仕事を片付けないと、自らのむくろを見送ることにもなりかねず、そこだけは何とかしたいです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2017/02/05/8351402/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。