日本のグランドアマチュア天文家(4)2017年03月15日 07時20分37秒

戦前の神戸で、「おしどり天文家」として活躍された萑部進・守子夫妻。
そのライフスタイルの背景に注目してみます。

   ★

萑部進(ささべすすむ)氏は、明治25年(1892)、島根県松江市の生まれ。

大正5年(1916)に東京高商、今の一橋大学を卒業すると同時に、三井物産に入社し、船舶部に勤務されました。その後、大正8年(1919)にはアメリカ、そして大正9年(1920)にはロンドンと、海外勤務を経験された後、「船舶部遠洋掛主任」となり、さらに昭和11年(1936)には「船舶部長代理」の要職に任じられています。

その自宅に「六甲星見台」を建て、星の観測に熱中していたのは、ちょうど船舶部長代理のポストに就く前後のことになります。もちろん、商社の海上輸送部門の責任者が閑職だったはずはないので、相当な激務の中、余暇の時間を大切にしながら、天体観測に励まれたのでしょう。

昔のイギリスの「グランドアマチュア」には、「働かなくても食べていける人」というニュアンスがあったので、萑部氏の場合、そこだけはちょっと違うかもしれません。

   ★

で、肝心の「六甲星見台」の位置ですが、萑部氏のご自宅は「灘区高羽曽和山」にあった…と資料には出ています。地図を見ると、神戸大学の六甲キャンパスの南麓に、今も高羽町という町名があって、その近くに「曽和山マンション」というのが、グーグルマップだと表示されます。たぶん、その付近に白亜の「六甲星見台」はあったのでしょう。

この間、萑部氏のお名前が人名録に登場するのは、管見の範囲では、昭和3年(1928)発行の交詢社版『日本紳士録』(第32版)が最初で、会社員ながら所得税の高額納税者として、紳士録に名を連ねています。

著名な企業のエリートサラリーマンとはいえ、一介の勤め人が何故?…と、一瞬思いましたが、でも改めて考えたら、この事実こそ当時の「財閥」というものの性格を、はっきり物語るものではないでしょうか。もちろん、三井物産は今も大企業ですが、その社会的意味合いにおいて、戦前の同社は、現在とは少なからず異なっていたように思います。

   ★

一方、守子氏の方も、夫君と同じ島根県の生まれで、生年は明治31年(1898)。

地元の高等女学校を卒業され、その後、進氏と結婚されたわけですが、長女を出産されたのが大正10年(1921)、守子氏23歳のときですから、おそらく学校を出て、あまり間を置かずに萑部家に嫁がれたのではないでしょうか。そして、進氏と共に海外生活も経験されたのでしょう。

ここで、洋装が板につく、細面で活発な、ジブリ的キャラクターを連想するのは、私の無邪気な空想に過ぎませんが、でも、夫妻を取り巻くムードはとにかくハイカラなのです。

(新緑を楽しむハイカラな二人。戦前の神戸のタクシー会社のマッチラベル)

昭和15年(1940)発行の『大衆人事録 近畿篇』を見ると(上に記した内容は、ほぼ同書に拠っています)、進氏の趣味は「声楽と天文学」であり、宗旨はキリスト教だと記されています。

前回、夫妻が変光星観測のデータを、アメリカのAAVSO(アメリカ変光星観測者協会)に報告していたことに触れましたが、そこにおける守子氏のお名前は、「Sasabe, Beatrice M.」となっていました(進氏はふつうに「Sasabe Susumu」)。夫妻は揃って洗礼を受け、ベアトリーチェ(あるいはベアトリス)が、守子氏の洗礼名なのでしょう。

1935年の当時を思い浮かべると、進氏43歳、守子氏37歳。
一男二女に恵まれたお二人は、六甲の高台から毎日海を眺め、星を眺め、音楽を愛し、そして神を賛嘆したのです。

私自身の生活経験とはあまりにかけ離れているので、この館で日々どんな生活が営まれたのかは、ぼんやり想像するほかありませんが、それでも何となく良い香りのする、いかにも戦前の神戸らしい、上質な生活がそこにはあったのでしょう。

   ★

しかし、光あれば影あり。

その生活が光に満ちていればいるほど、その後、お二人が戦中・戦後をどう過ごされたのかが気にかかります。一応、図書館で戦後の人名録にも当ったのですが、そこに萑部氏のお名前は確認できませんでした。

戦時中は、船舶の徴用をめぐって軍との際どい折衝もあったでしょうし、戦争が終れば終わったで、例の財閥解体があり、新円への切り替えがあり、世の中がすっかり変わってしまったので、お二人の暮らしぶりも激変したであろうことは、想像に難くありません。でも、この辺のことは今のところ全く不明です。

ただ、あの巨大な望遠鏡がどうなったかについては、若干の伝聞情報があるので、最後にその点を見ておきます。

(この項さらにつづく)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2017/03/15/8406357/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。