空の旅(11)…コペルニカン・アーミラリー2017年04月30日 11時43分12秒

下は以前の記事に使った写真の使い回しです。


似たような写真は、これまで何回も登場していて、たいていは人体模型が話題の主でしたが、今日の主役は、その脇にチラッと写っているもの。


1786年に、フランスのデラマルシュ(Charles François Delamarche、1740-1811)が製作したアーミラリー・スフィアのレプリカ。

   ★

「アーミラリー・スフィア」と称する品は、今でも売られていて、きっとアメリカのホームセンターに行くと、たくさん並んでいることでしょう。

(eBayで売られているアーミラリーの例)

それらは、単なるインテリアやエクステリアの飾り物と化して、もはや実用性を失っていますが、本来のアーミラリー・スフィアは、天体の位置変化を視覚化する一種の小型プラネタリムであり、星の位置を知るアナログ計算機として、また人が中から覗けるぐらい大型のものは、天球上での星の位置を見定める観測器具として、古代から使われてきました。


伝統的なアーミラリー・スフィアは、地球を中心に天球の回転を表現していますが、この品では太陽を中心に置き、その周辺を惑星が回転する様を表現しています。

この種のものを、地動説を唱えたコペルニクスにちなみ、「コペルニカン・アーミラリー」と呼びます。(同様に、伝統的なアーミラリーは、プトレマイオスにちなんで、「プトレミック・アーミラリー」と呼んでもいいのですが、あまりそういう言い方はしないようです。)

(太陽の周囲を回る水星、金星、地球、さらに地球の周りを月が回転している様を表現しています)

   ★

「空の旅」も徐々に時代が下って、今日は18世紀のパリ。


バロック科学の精華と風格を感じさせるこの品、レプリカとしてはなかなかよく出来ていて、オリジナルの雰囲気を十分醸し出しています。

フランス南部の町にある工房で作られたもので、工房の主は「これは有名な映画の小道具にも使われたんだぞ」と自慢していました。

その映画とは、2007年に公開された『パフューム』で、私は観てないんですが、18世紀のパリを舞台に、異常な嗅覚を持った調香師を主人公とする、猟奇と耽美の世界を描いた暗いムードの映画だそうです。

で、その主人公が勤める店内の、薬品や香料がずらりと並ぶ一角に、何となく妖しのムードを漂わせるアーミラリーが置かれていて、それと同じものが我が家にもあるというわけです。


昔のパリの調香師の店に、本当にアーミラリーが置かれていたかどうかは分かりません。映画の世界だけのことかもしれませんし、実際に置かれていたとしても、単にムード作りの小道具なのかもしれません。

そうなると、この宇宙の真理を教えてくれる、優れて学理的な品も、アメリカの郊外住宅の庭先に置かれたデコレーションと、その性格において、あまり違いがないことになります。でも、それを言い出したら、私の部屋に置かれているそれだって、ムード作りの小道具の域を出るものではありません。

まあ、所有者の理解の程度はさておき、人間が昔から宇宙に憧れ、宇宙的なイメージを漂わせるものを手元に置いて、常に愛でたいと思ってきたことは、間違いのない真実でしょう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2017/04/30/8507322/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。