しばし頭を垂れ、そして歩み出す2017年06月16日 21時34分57秒

「冬の時代」にも夏はやってきます。
夏至を前にして、なかなか暑いですね。

でも、暑さを顧みず、昨日は黒ネクタイを締めて出勤しました。国会の――「民主主義の」とは、敢えて言いますまい――死に対して、ささやかな弔意を表したいと思ったからです。まあ、単なる自己満足に過ぎないんですが、自己満足でも何でも、そうしなければならない気分の時があるものです。

さあ、国会の墓碑に一輪の白い花を手向けたあとは、再び「天文古玩」のルーチンワークに戻ることにしましょう。

蛙も首を長くして待っています。

コメント

_ S.U ― 2017年06月17日 06時18分41秒

>蛙も首を長くして
ああ、そうでしたね。
 それでは、私も「蛙の面にしょんべん」で世間に動じずに現状を続けたいと思います。蛙に小便をかけるという行為は、かける側は野卑下品なことこの上ないですが、蛙の面には一種高雅な趣きすらあるのはなかなかの含蓄があるように思います。

 でも、今回の暴挙はよく憶えておいて、いつか「それみたことか」と言ってやりたいです。そういえば、もう20年以上前になりますが、衆議院に小選挙区制が導入された時は、これで選挙も政治家の面々も面白くなくなると予想しました。これについては今言わせていただきます。
 「ほれみてみい。わしが昔言うた通りやわ」
こういうことを言う年寄りは嫌われますよね。これからどんどん嫌われるようになるので楽しみです。

_ 玉青 ― 2017年06月17日 12時07分02秒

小便をかけらられるのは、あまり気乗りしませんが(笑)、「蛇に睨まれた蛙」になるよりは、数等上等です。たとえ「蛙鳴蝉噪」の類と揶揄されようが、言うべきことは言い、蛇を睨み返してやりましょう。それに大蝦蟇ともなれば、蛇を平気で喰うそうですから、頼もしいことこの上ないです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2017/06/16/8598699/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。