入道雲と水の塔2017年07月23日 16時54分44秒

入道雲は力強いと同時に、言い知れぬ寂しさを感じさせます。
それは夏そのものの寂しさにも通じます。

夏の盛りを寂しく感じるのは、盛りの果ての終末の気配をそこに感じ、さらに自分や他者の人生をも重ねて見るからでしょう。

   ★


入道雲の湧く夏空をバックに立つ、不思議な塔。
無人の広場にたたずむ躯体の凹凸を、くっきりとした影が強調し、明るい中にも「孤愁」という言葉が似合う光景です。

この印象的な建物は、ドイツのハンブルグ・プラネタリウム
オープンは1930年で、上の絵葉書も当時のものでしょう。

なぜこのような不思議な形のプラネタリウムが出来たかといえば、元々ここはプラネタリウムではなくて、1912~1915年にかけて建設された、ハンブルグ市の給水塔を改装して作られたからです。

(この建物の出自を示す「Wasserturm」の語。英語にすれば「Water Tower」)

とはいえ、このハンブルグ・プラネタリウム。
絵葉書を眺める私の個人的な思い入れとは別に、その後もリノベーションを繰り返し、今も大いに頑張っているようです。

ハンブルグ・プラネタリウム公式サイト(独)

(サイトのトップページには、「あなたの目標天体の座標は?」の文字が浮かび、宇宙空間を高速で飛翔する動画が流れます。)

現在の投影機は、ツァイスの最新鋭機、「Univerarium Model IX」。
ニューヨークのヘイデンや、ロサンゼルスのグリフィス、国内だと名古屋市科学館と同型機になります。

(玄関ホール天井を飾る星座のフレスコ画。独語版Wikipedia「Planetarium Hamburg」の項より。https://de.wikipedia.org/wiki/Planetarium_Hamburg

   ★

水の惑星に立つ「水の塔」。
水気(すいき)は母なる恒星の熱によって高空へと導かれて巨大な白雲と化し、水気を慕って塔に集った人々の意識と思念は、さらに白雲をも超えて、無限遠の世界へと旅立つのです。



コメント

_ S.U ― 2017年07月25日 08時56分35秒

日本語の学問分野としては、「天文学」に並んで「水文学」というのがありますね。給水塔も、諸方から効率よく水を集めて都市に安定して供給する役割ですから、水文学一つの成果と言えるでしょう。

 天文学、水文学の他の「○文学」なる学問を考えると(英文学とか純文学とか)すべて理学ではなく人文、文学・文芸の範疇に属するのではないかと思いますが、そうでないのがありますでしょうか。実は、「地文学」というのがあるようですが、現代使われている例に接したことはありません。

_ Nakamori ― 2017年07月25日 10時20分20秒

「夏休み」という言葉の響きはいいですね。キュンとします。

「夏休み」と言えば、やはりペルセウス流星群でしょうか。仲間と集まって、夜通し空を見上げた日々が懐かしいです。

この時期は、7月下旬のみずがめ座δ流星群や、8月20日頃極大のはくちょう座群(経路末端で爆発するのが特徴)などもあり、とても賑やかですね。

_ Nakamori ― 2017年07月25日 10時24分00秒

そうそう、ご紹介いただいた『つるまき町 夏時間』、注文しました。楽しみにしています!

_ 玉青 ― 2017年07月25日 22時46分46秒

○S.Uさま

うーん、これは難しいですね。
天文学に地文学に人文学と並べれば、「天地人」はコンプリートですね。
あるいは地文学、水文学と並べると、「地水火風空」を連想しますが、どうも火文学、風文学、空文学というのはないようです。
ただ、日々空文を綴っている身としては、「空文学」を論ずる資格と自信は十分ある、と自負しております。(笑)

○Nakamoriさま

おお、夏は流星の季節でもありますね。
この懐かしい季節、静かに流れる星に、ぜひ新たな思いを添えていただきますように。
Nakamoriさんの夏時間の扉が、今年も鮮やかに開くことをお祈りしています。

_ S.U ― 2017年07月26日 07時28分12秒

>火文学、風文学、空文学というのはないよう
 あぁ、これ、何か学問についての哲学が含まれているようで面白いと思いました。

・火文学
 あるとしたら、錬金術とか魔術とかがこれに対応するのかもしれません。架空の学問として「火文学」というのを打ち立てて、そういうのがある世界を幻想文学やゲームに採用したらけっこういいのではないでしょうか? 

・風文学
 何となくですが、西洋語のmeteologyの訳語として適当なように思います。それが東洋では「気象学」になったのは、西洋の「風」というダイナミズムによる分析とは違って、東洋では「物質と形」という静的なものの働きの効果として説明しようとした彼此の自然哲学の違いによるように思います。

・空文学
 空とはなんのことか? 空間とか真空のことなら、そこに「文(アヤ)」があるというのは矛盾ですから、結局、中身のない(空文の)ことと見るしかないかもしれません。でも、現代物理学では、ヒッグス場や物質場など真空にありますから、素粒子物理の一部として空文学も成立しえます。
 そらぶんがく と読めば、空中世界や浮遊の印象をテーマにしたタルホのヒコーキものや宮﨑駿氏のいくつかの映画などがそれに相当するかもしれません。実際には、タルホのはあまり空を飛びませんけど。

_ 玉青 ― 2017年07月29日 13時00分59秒

話題が横滑りしますが、ふと気象学のmeteorologyと、流星のmeteorって似ているな…と思って、語源を調べに行ったら、確かにまったく同じ語源でした。

■Meteor http://www.etymonline.com/index.php?term=meteor
■Meteorology http://www.etymonline.com/index.php?term=meteorology

「メテオ」とは、ギリシャ語で「空に浮かんでいるもの」「天象」の意だそうで、語源からすれば、meteorologyは「気象学」のみならず、「天文学」を含んでもいい言葉のようです。はるか後代の日本で、『天文と気象の図鑑』が多数編まれたのも故無しとしません。

_ S.U ― 2017年07月29日 18時12分26秒

late 15c., "any atmospheric phenomenon"
 額面通りに読むならば、西洋では、古代からガリレオの時代に至るまで流星というのは地球の大気中の現象であると、自然哲学者やキリスト教神職者だけでなく、もっと広い範囲の人たちに信じられていたということでしょうか。日本では、むしろ、流星は夜空に見えている星が落ちると見た人が多く、「抜け星」などという傑作な呼び名もあるそうです。 

 いっぽうで、そのような教義を離れれば、民間で天文と気象が混同された事情は、西洋も東洋も似たようなものかもしれません。

_ 玉青 ― 2017年07月30日 08時33分29秒

meteorologyに関連して、鈴木善次氏による以下の文章を読み、「ああそうか」と思いました。
https://www.shinko-keirin.co.jp/keirinkan/kori/science/ayumi/ayumi24.html


 「この言葉はギリシャのアリストテレス(Aristoteles,B.C.384~322)の著書『気象学(meteorologica)』で用いられている。彼によれば、流星(meteor)、隕石(meteorite)、彗星、さらには天の川までも含めたものが研究対象であった。これも当時の知見の制約を受けていた例といえよう。アリストテレスの宇宙論によれば宇宙は天上界と地上界(月下界)に分かれていた。その境は月であり、その月より下の現象を気象論として扱っており、天の川も、彗星も月下界のものとして捉えていたのである。」


1つ前の自分のコメントで、「語源からすれば、meteorologyは「気象学」のみならず、「天文学」を含んでもいい言葉」と書きましたが、事実はそんなに単純ではなくて、気象学と天文学は、やっぱりアリストテレスの頃には分化しており、ただその境目が月軌道に置かれ、流星は(彗星や天の川も)、気象現象、すなわち月下界の現象として考えられていた…ということを知りました。

「地上界とは月下界なり」というのが、何か良い香りを放って感じられます。

それにしても、英語の語源も興味深いですが、漢字の方もなかなか味があって、字面をじっと見ていると、自分が「天の文を読み、気の象を観る」古代世界の真っ只中を生きているような気がしてきます。

_ S.U ― 2017年07月30日 09時10分09秒

>「地上界とは月下界なり」
 あぁ、そうでしたね。ガリレオは『天文対話』で月天の上下で物象を峻別する考えを徹底的に否定していますが、これはアリストテレスの自然哲学とキリスト教(ローマカトリック)の教義が一致していたということなのでしょうか。キリスト教とギリシア哲学が関連しているのはわかりますが、この説の一致がカトリックの権威付けのためなのか、純粋な宗教的信条によるものなのかは私は不明にして存じません。
 
 東洋哲学では朱子以降の時代になっても定説はなかったことと思いますが、日本の江戸時代の学者は、そもそも天に水晶のような球殻が物理的にある説については、信じがたい空論であると排斥しています。東洋哲学は「気の理論」ですから、宇宙空間には地球上層大気と連続的に、どんどん希薄になるにしても、遠くまで何らかの気が存在していると考えたでしょうから、東洋人が気象と天文の区別をつけていなくても、それはそれで筋の通ったものの考え方と言えるかもしれません。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2017/07/23/8626075/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。