オーロラの美観2017年09月11日 06時27分27秒

母なる太陽から吹き付けるプラズマの強風は、さらに地球の磁力線に乗って旋回し、地球大気と衝突しては、美しい光のダンスを演じて見せる…。

太陽フレアの発生で、オーロラの出現がいつも以上に活発化している様子を、ニュース映像で見ました。

   ★

オーロラには様々な種類があり、その発光源となる大気中の元素も多様です。
でも、ある日、ある場所で観測された個々のオーロラに関していえば、その光は特定の元素に由来するものであり、スペクトルを調べることで、その元素を特定できるはずだ…というのは、19世紀初頭に分光学が登場して以来、考え続けられてきたことでしょう。

ただ、実際の取り組みは、安楽椅子で考えるほど容易なことではなく、ウィキペディアで「オーロラ」の項を見たら、「オーロラ分光学が始まったのは1850年代、そして最も代表的な緑白色の光の波長が正確に測定されたのは約70年後の1923年である」と書かれていました。測定行為だけでも、人間の一生に十分匹敵するぐらいの時間を要したわけです。


上は、その研究の道程を示す品。
ハーバード大学天文台が作成した「Spectrum of Aurora」のスライドです


バックライトで見たところ。
上は1897年4月1日、下は1898年3月15日に撮影された分光写真です。

(1897年4月1日のスペクトル像拡大)

(同1898年3月15日。2本の白い帯に挟まれた部分がスペクトル)

これらが何の元素に由来するかは不明ですが、いずれもきれいに輝線スペクトルを捉えています。

   ★

光のカーテンのように揺れるオーロラは、さぞ美しいでしょう(私はまだ見たことがありません)。でも、この地味なモノクロ・スライドに凝縮されている「科学の雅致」も、見ようによっては、同様に美しい――あるいは感動を誘う――ものだと思います。

ただ、その美なり感動なりを味わうには、若干の想像力が要ります。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2017/09/11/8674570/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。