フォルタン気圧計2017年09月26日 06時58分39秒

地球大気の振舞いに親しもうと思えば、戸外に一歩出て、大空を見上げさえすれば良いのです。そこには風が吹き、雲が湧き、水滴が走り、虹がかかり…。器具を補助手段として、五感を働かせれば、この惑星が生きていることを、存分に実感できます。

それなのに、わざわざ部屋にこもって、古書や古道具を眺めて満足げに目を細めるなんて、まことに不健康な話です。そして、気象趣味の本道から、これほど遠い振る舞いもないでしょう。

…でも、野に咲く花よりも、花の絵に魅かれる人がいるように、そういう偏った嗜好の持ち主も一方にはいます。いや、むしろ気象趣味の一端には、歴史性に裏打ちされた雅味が確かにあって、それはそれで味わうに足ることなんだ…と、ここでは敢えて主張したいと思います。「天文界に天文古玩趣味あれば、気象界にも気象古玩趣味あり」というわけです。

   ★

そんな言い訳をしつつ、部屋の隅に置かれた大きな気圧計を登場させます。


フランスの科学機器製作者、ジャン・二コラ・フォルタン(Jean Nicolas Fortin 、1750–1831)が、1800年頃に考案した「フォルタン気圧計(Fortin Barometer)」。これぞ、17世紀に大気圧の存在を示したトリチェリに始まる、水銀式気圧計の19世紀における直系の子孫です。


手元の品は、英ニューカッスルの科学機器メーカー「Brady and Martin社」が、19世紀末頃に販売したもの。安定した測定を行うために、気圧計全体がオーク製のガラスケースに収められているのも魅力的ですし、ケースの高さは110cmと、部屋の中で相当な存在感を発揮しています。

(気圧計下端の水銀槽)

しかし、そのサイズゆえに、これを故国イギリスから送ってもらうには、かなりの苦労を伴いました。荷造りと送料の交渉も面倒でしたが、最大の障壁は、装置の内部を満たす水銀の扱いでした。

それまで私はあまり意識していなかったのですが、水銀は今や有害物質として、輸出入が厳しく制限されており、税関を通すためには、イギリス側でいったん水銀を抜いて、日本に輸入後、再注入しないといけない…という話が出て、先方と何度もメールでやりとりを重ねました(さっき数えたら、メールは全部で22通に及んでいました)。

結論からいうと、今手元にある気圧計は、水銀が抜かれたままの状態です。気圧を測るためには水銀の再注入を依頼しなければなりませんが、最初から実用を目的としていないので、その必要は当面ないでしょう。


気圧計とその上の風速計。
そよとも風の吹かないこの部屋で、気象趣味のかすかな余香が、微気象に乗ってゆっくり漂っています。(やっぱり偏った趣味かもしれません。)

コメント

_ S.U ― 2017年09月26日 13時10分28秒

>水銀式気圧計
 これも、子どもの時にほしかったです。どこで見たのか、中学校の理科室だったかもしれません。

 ぜひ、水銀を入れていただきたいですが、最近は、入手が難しくなりましたね。十数年前なら、簡単に購入できたでしょうが、それだと今度は廃棄処分まで考えるともっと難しくなったかもしれません。かつては、水銀体温計はどこの家にでもあったし、それが割れて外にコロコロ転がることもよくあったと思います。学校では水銀をシャーレのようなものに入れて物を浮かべて見せていました。驚くほど変わりました。
 さらに昔は、大仏の金メッキで水銀を大量に使って、具合の悪くなった人が大勢出たそうですから、驚くほど変わったのは今に始まったことではないかもしれません。

 四杯型風速計もほしかったです。この2つが気象関係ではいちばんほしかったかもしれません。でも、子どもには、個人でこういうものを買うという発想はありませんでした。そういうのを使うところに就職しないといけないと思っていました。天体望遠鏡は子どもでも買って使うと知っていましたから、観測器具の調達の観点からは「天文趣味」はあっても「気象趣味」はないと考えていたことになるかもしれません。

_ zam20 ― 2017年09月26日 21時43分07秒

水銀は、毒物になってしまったので、残念ではありますが、今の状態の方が平和でよいだろうと思います。でも、水銀柱、格好いいですよね。岩波科学の本の江沢洋さんの本では、水銀柱の実験の途中で水銀が噴水のように漏れて綺麗だなんて話もあるのは隔世の感があります。

_ 玉青 ― 2017年09月27日 07時00分45秒

○S.Uさま

S.U少年を憧れをこうして身近に眺められることは、望外の幸せです。ただ、実用の具には全くなっていないので、(記事中の偏った言い分はともかく)「これぞ気象趣味なり」と、あまり胸を張って言えないのが少々辛いです。(なお、今日の記事に書きましたが、古い小学校の理科室にフォルタン気圧計が置かれていたことは、その実例を目にしました。)

○S.Uさま & zam20さま

水銀は本当に世間の扱いというか、社会的意味合が変ってしまいましたね。
日本人は水銀の害毒を身に沁みて知っていますから、それはそれでプラスに捉えるべきなのでしょう。でも、こんなふうに水銀が身辺から遠くなると、かつて錬金術において「賢者の石」の錬成に用いられた、その神秘性が甦る…なんてこともあるかもですね。

_ L4RI_JP ― 2017年11月22日 19時13分41秒

古い気象観測器械、特に読み取り部のあるものは常に屋内で視覚の一郭を占拠するのが前提のモノだけに、「調度としても十分鑑賞に堪える」という美意識がその設計思想に盛り込まれているように感じます。

大正11年のカタログより。
https://c1.staticflickr.com/5/4564/26801665959_7ebb34cb33_b.jpg
https://c1.staticflickr.com/5/4583/38577962911_57c8dff278_b.jpg
https://c1.staticflickr.com/5/4543/37689807575_d0ac8e7175_b.jpg
https://c1.staticflickr.com/5/4524/26801666149_6439d22232_b.jpg
https://c1.staticflickr.com/5/4517/26801666499_c2ace37a17_b.jpg
わたしは現物にはお目にかかったことがありませんが、まさに「装飾用」として拵えられた柱時計のような晴雨計もあった由。これが壁面を飾っていたらさぞやほれぼれするだろう、と想像します(無論、古本山積みの陋屋などではなく、それなりの広さと設えの邸宅の、ですが)。

_ 玉青 ― 2017年11月23日 07時41分59秒

堂々と「室内装飾用」を謳う器物が理科用品カタログに載っているというのが、今から見ると何だか不思議な感じですね。

_ L4RI_JP ― 2017年11月23日 18時41分35秒

そうですね、今の理化学業界にはおよそなさそうな感覚です。強いて挙げれば、趣味はだいぶ違いますがガリレオ温度計が似通った方向かしらん。

そういえば、海外アンティークにはこうした「装飾用」計測器械というものはないのでしょうか?

_ 玉青 ― 2017年11月24日 07時17分22秒

調度品として扱われる、華美な温湿度計は海外にもあったと思います(と言うよりも、日本のそれは輸入品か、海外の意匠をなぞったものでしょう)。ただ、理科機器カタログに載るような品については、「装飾的」なものはあっても、あえて「装飾用」と自己規定するものは、なかったのではないでしょうか。(単なる想像なので間違っているかもしれません。)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2017/09/26/8684095/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。