気象カード2017年09月29日 18時06分55秒

政界の風から、再び天然自然の風へ。

気象趣味といえば、気象観測をテーマにした、こんな愛らしいカードを見かけました。
時代はそんなに古くなくて、冷戦末期の1981年に、東ドイツで発行されたものです。


気象はインビジブルだ…と前に書きました。そしてまた気象観測や気象予報というのも、あまり派手さのないテーマだと思いますが、このカードの絵柄は、なかなか多彩です。


これは、4枚セットの「仲間」集めを楽しむ「カルテットゲーム」のカードで、各カードの左肩に丸で囲った記号がその「仲間」を示しています。つまり、トランプでいえばハートやスペードに相当するものです。


「仲間」ごとにまとめて並べたところ。
「仲間」は全部で8種類あり、カードの総計は32枚です。(4枚1セットというのは共通ですが、「仲間」の数はカルテットゲームごとに増減があります。)

このカードで設定された「仲間」は、A 地上気象観測、B 高空気象観測、C 測定機器、D 気象通報、E 気象解析、F 天気予報、G 気象対策、H 異常気象…の8種類で、なかなか渋い設定。ちなみに、ゲームの対象年齢は10歳以上だそうです。

かつてこのゲームで遊んだ少年少女も、今ではいい年輩でしょうね。
彼ら彼女らは、今でもときどき空を見上げて、気象用語を口にしたりすることがあるんでしょうか。

-------------------------------------------------
▼閑語(ブログ内ブログ)

この混乱ぶりはまるで幕末のようです。
何だか「ええじゃないか」を踊り出したい衝動にも駆られます。

でも、ここは一つ沈着に行きたいものです。
そもそも、なぜそんなに混乱する必要があるのか?そして、国民がその混乱に付き合わねばならない道理がどこにあるのか?

落ち着いて考えれば、多くの狂騒は単なる狂騒に過ぎず、我々がなすべきことは驚くほどシンプルです。すなわち、目の前の課題(その数は多いです)を解決するために、各候補がどんなプランを提示してみせるか、それをじっくり見極めさえすればよいのです。

コメント

_ S.U ― 2017年09月30日 07時28分08秒

こういうのを見ると、「気象趣味」というのは単に観測の趣味に留まらないのですね。本当に「安楽椅子型気象趣味」の子どもがいてこういうカードで楽しんだのかどうかはわからないですけれども、けっこう学問的な内容なので趣味というより勉強だったかもしれません。

>閑語~各候補がどんなプランを提示してみせるか
 そうですね。基本的には「公僕」を採用するのですから、難しく考える必要はありません。ただし、その後、彼らは権力者になりますので、非力な庶民ほど、単に好さそうなことをいっている人を選ぶのではなく、候補者との真剣勝負と思って、相手の引っかけやら脅しやら利かしやらとにかく注文相撲に乗らないようにすることが肝要と存じます。
 ところで、民進党が事実上の解党だそうで、一部の議員が右往左往しているとか。こういう人たちは主張が中庸で人柄も正直でよいのかもしれませんが、右往左往の内輪を選挙直前に見せるというのは、魚屋の店員が「一部の魚が腐りかけていて困った困った」と店先で客に言っているようなもので、これで「信」を問うとは有権者に無礼というか、大いに疑問に思います。

_ 玉青 ― 2017年09月30日 12時53分05秒

最後のところで声を出して笑ってしまいましたが、まあ、店主がいきなり魚桶の氷水に熱湯をじゃぶじゃぶ掛け始めたもんで、律儀な店員さんは、もうぼやくしかないのでしょう。

_ 通りがかりのヒト ― 2017年09月30日 17時50分45秒

どこかで見たような…と思っていましたが、Verlag für Lehrmittel Pößneck GmbHのカードですね。

これの星座版 "Sternbilder - Einführung in die Himmelskunde"
http://firestorage.jp/photo/a8ab22cba0cf388ba17f49fcea94abad8a8cd909
は、今でも売っているようです。
https://www.lehrmittel-poessneck.de/spiele/

_ 玉青 ― 2017年10月01日 07時57分52秒

ご教示ありがとうございます。あのカード、今でも売ってるんですね。
…と、さも余裕あり気に言うのは、先日私の手元にも届いたからで、手元の品は1988年に出た、ぎりぎり旧東ドイツ時代のものですが、その後もずっと絵柄を変えずに売られているということは、よほどデザインに優れ、使い勝手がいいのでしょうね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2017/09/29/8687652/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。