至高の石2017年11月23日 07時42分30秒

結晶形態学にちなむ優品――と敢えて呼びましょう――に続き、「至高の鉱物」を登場させます。


ラ・ピエール・フィロゾファル、すなわち「賢者の石」です。

卑金属を黄金に変える力を持つとされ、古来多くの錬金術師が探し求めた幻の石。そして、錬金術が神秘の学問体系で覆われるにつれて、賢者の石はいよいよ謎めいたシンボルとなっていきました。

隠秘学の世界における賢者の石は、
「自らは死することなく、すべての死せる者を再生させるもの」であり、
「人々に究極の治癒、すなわち救済をもたらす霊薬」であり、
「始原より来たれる第二のアダム」であり、
その究極の実体は、イエス・キリストその人である…と言われます。


この赤い小箱に、その賢者の石が入っているというのですが、いったいそれは?
これこそ、聖なる方の不朽体を収めた聖櫃(せいひつ)なのか?

   ★

…と、無理やり話を盛り上げましたが、中身はただの子供向け玩具です。

(おそらく1900年ころのフランス製)

中に入っているのは、紙製のゲームボードとチップ、それに1枚のルール解説書。


遊び方は簡単です。
最初に15個あるボードのマス目に、15個のチップを全部並べ(色は特に関係ありません)、2人のプレーヤーが交互に1~3個のチップを取り去り、最後の1個を取った方が負け…というもの。日本にも「石取りゲーム」という、同様のゲームがありますし、替わりばんこに数字を1から順に(1個ないし3個ずつ)唱え、最後に30(あるいは20)を言った方が負け…という遊びも、同工異曲でしょう。

この手の遊びには必勝法があって、「賢者の石」のルール解説書には、そのことも書かれています。

   ★

何だか羊頭狗肉な気もします。
でも、このゲームの何が「賢者の石」なのかと考えると、それはボードでもチップでもなくて、形のない必勝法こそそれなのだ…という事実に気づきます。そして、必勝法の存在に目覚めた子供たちの幾人かは、「あらゆる問題にはアルゴリズムが存在する」という強固な観念に取りつかれ、その長い探求の道へと歩み出す…。それこそが、このゲームの「賢者の石」と呼ばれる所以ではないでしょうか。

(具象の石と抽象の石。左はドイツの半貴石標本)

コメント

_ S.U ― 2017年11月23日 08時56分00秒

>必勝法の存在に目覚めた子供たちの幾人か
 ゲームに勝つ要諦(必勝法があるゲームについては必勝法)は、囲碁将棋であれ、野球サッカーであれ何でもそうですが、常に最強に攻めればよいというわけではなく、また、常に守りを完璧固めればよいというわけでもなく、情勢を見極め緩急自在に対応することが重要で、それが人生全般にそうであることを知らしめることができる物こそ「賢者の石」なのでしょう。

 そういう意味で、なんでもかんでも「若いんだから強気で頑張り抜け」という教育は疑問であり、ボードゲームなどでもっと「情勢を見て勝ち方を考え抜く」ということを若い人たちに推奨してよいように思います。

_ 玉青 ― 2017年11月24日 07時16分22秒

>「若いんだから強気で頑張り抜け」という教育

「まあ、精一杯強気で頑張り抜いてみろ。でも、それだけだといつか壁にぶつかるぞ」…ということを体験的に教え諭すつもりなら、それも意味があるかもしれませんが、「頑張り派」の先生がそこまで意図しているかどうか。この辺は、生徒と一緒に先生も大いに学んでほしいところですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2017/11/23/8732866/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。