ムーンストーンの月2017年11月30日 21時01分59秒

Moonstone ―「月の石」。

アポロが持ち帰ったのも「月の石」で紛らわしいですが、こちらは英語だと「Moon rock」で、まったくの別物です。でも、英語版Wikipediaで「Moonstone」の項を見たら、「両者を混同してはならない」と、冒頭に断り書きがしてあったので、アメリカにも混同する人がいるのでしょう。

   ★

ムーンストーンは、日本では「月長石」と訳されました。

(インド産の月長石)

月長石と聞けば、銀河鉄道の線路沿いに咲く、「月長石ででも刻まれたような、すばらしい紫のりんどうの花」を思い出します。そして、賢治はほかにも自作で、月長石に幾度か触れていることを、加藤碵一・青木正博両氏の『賢治と鉱物』(工作舎、2011)を読んで知りました。

孫引きすると、

眼をつぶると天河石です、又月長石です
(「小岩井農場」先駆形A)

あるいは、

うすびかる 月長石のおもひでより かたくなに眠る 兵隊の靴
(大正5年8月17日付け保阪嘉内あて葉書)

などなど。

これらを読み比べると、両氏が記すように、賢治の脳裏にある月長石には、青く光り輝くイメージと、冬の日を思わせる寂しい乳白色のイメージの両様があったようです。
これは宝石のムーンストーンにも、その輝色によって、青光を放つものと、白光を放つものの2種類があることに対応しています。

ただ、月長石をストレートに「月」と重ねて詠んだ例は見られないので、詩人・賢治は、そういう幼稚な――よく言えば素朴な――比喩を用いるのを、潔しとしなかったのかもしれません。

でも、私は以前から「ムーンストーンでできた月」があれば素敵だなと思っていました。昨日の月のブローチもムーンストーンをあしらったものですが、もっと月そのものというか、たとえば月長石を刻んで拵えた三日月があれば…と考えていたのです。

残念ながら、まだそういう品を目にしたことはありません。
そういう切削加工そのものが困難なのか、あるいは通常のカボションカット以外だと、ムーンストーン独自の輝きが生まれないので、ムダな努力をあえてしないのか、正確な理由は門外漢には、よく分かりません。

   ★

現実にあるのは、例えば三日月形の台座に、円いムーンストーンを並べた、こんな品です。


こういう莢(さや)豆型のブローチは、ヴィクトリア時代にずいぶん流行ったらしく、今でもよく目にします。手元のブローチは、これまた時代不明ですが、つややかなムーンストーンの列は、空を転がる満月を思わせ、また月の女神セレネーの皓歯のようでもあります。当初のイメージとは違いますが、これはこれで愛らしい品。


   ★

ときに、月にも月長石は産するのでしょうか?

長石の仲間は、地球でも月でもありふれた造岩鉱物ですから、探せばきっとあるでしょう。Moon rock から採ったMoonstoneで月を刻み、それを月光にかざしたら、どんな光を放つのか?…なんてちょっとベタですが、連想はそんなところにも及びます。

コメント

_ S.U ― 2017年12月01日 08時37分14秒

「きれいな月にはこんな石があったらいいな。うん、あることにしよう。なんちゃって。」ということで、ムーンストーンと命名したのかもしれないと想像します。それで、本当にあったら、ウソから出たマコト ですね。

_ 玉青 ― 2017年12月02日 14時11分23秒

ムーンストーンは、その色や輝きに月を連想して命名されたものらしいので、月の美しさと切り離すことはできないですね。

ときに、ジョン・ハーシェルに擬せられた例の月人発見騒動。
あんな月人が実際にいたとしたら、きっと月の山脈でムーンストーンを発見して、好んで身に着けたことでしょう。でも、月人はその美しさを自らの大地に譬えることには思い至らず、きっと夜空に輝く地球に譬えて、(月人の言葉で言うところの)「アースストーン」と命名したことでしょう。そして、「地球にもアースストーンがあったら素敵だなあ…」と夢想してるかもしれませんね。(^J^)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2017/11/30/8737829/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。