吾いまだ月長石を知らず(前編)2017年12月02日 13時54分10秒

今日は穏やかな冬晴れ。
いよいよ師走ですね。カレンダーも残りわずかとなり、気ばかり焦りますが、ここは強いてのんびり行くことにします。

   ★

月長石のことを書いて、ちょっとおや?と思ったことがあるので、そのことをメモします。

そもそも、「月長石」というのは、アカデミックな鉱物学に基づく名称ではなく、宝石学上の呼び名のようです。つまり、長石類のうち、美しい外観を持ち、宝石と呼ぶに足るものが特に「月長石」と呼ばれるのだ…ということが、ウィキぺディアには書かれています。(漁業関係者が、マアジの一部を「関あじ」と呼んで珍重するのと、ちょっと似たところがあります。)

ウィキペディアばかりだと寂しいので、紙の資料からも転記しておきます。
以下は、昭和32年(1957)に出た『原色鉱石図鑑』(木下亀城著、保育社)からの引用です。同書では、特に「宝石鉱物」という一項があり、そこに月長石が登場します。

月長石(ムーン・ストーン) Moonstone   セイロン産
 無色ないし白色半透明の長石で正長石の一種であるが、曹長石その他の斜長石に属するものもある。これを研磨すると、その中に無数に並列した薄板の微晶のため、光が反射され相映発して、淡青乳状ないし真珠様の閃光を放ち、殊に底面に直角な方向から見ると、青光冷々として秋月の様な光があるので、月石〔げっせき〕の称がある。比重2.58、多くは背の高いカボション形に研磨せられ、六月の誕生石として用いられる。セイロン産の月長石は風化した花崗岩中に含まれ、正長石の一種である氷長石〔ひょうちょうせき〕adulariaに属する。
(p.61)

青光冷々として秋月の様」とは、なかなか美しい言い回しですね。
ともあれ、繰り返しになりますが、きわめて変異に富む、鉱物中の一大グループである長石類の中で、いろいろな鉱物種にまたがりつつ、一定の美観を呈するものを総称して「月長石」と呼ぶわけです。

   ★

天に月と太陽あれば、地にも月長石と日長石あり。
同じ図鑑の月長石のすぐ下には、「日長石」の説明もあります。

日長石 Sunstone  ノルウェー・ドウェデストランド・ヒッテロー産
 灰曹長石〔かいそうちょうせき〕、時に曹長石の中に赤鉄鉱、針鉄鉱〔しんてっこう〕または鉄雲母の薄片を混じて、黄、紅、赤、褐の斑彩〔はんさい〕を有する燦然〔さんぜん〕たる光を放ち、光輝ある銅色を呈するもので、また太陽石 heliolite とも称される。灰色ないし赤灰色(4図)のものもある。多くカボション形(5図)に研磨される。ガラスに銅箔を混じて偽造したものは、光学上の性質と硬度で容易に区別することが出来る。
(同)

(上掲書 第55図版(部分)。3.月長石、4.5.日長石)

青く白く輝く月長石に対して、赤くオレンジに輝く日長石は、まことに好一対。


   ★

さて、ここまでが前置きで、ここから日長石のことも絡めつつ、「おや?」の中身に入っていきます。

(この項つづく)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック