雪の便り2018年01月25日 22時37分15秒

春の気配を星に感じたと思ったら、関東に続いて中部も雪。
それもほどろな春の雪なんかでなくて、妙に雪質のいい、パウダースノーが、さっきまで晴れていた空をあっというまに覆い尽くし、一時は何かただならぬ感じがしました。

こんなふうに太平洋側の人間は、1年に何べんもない降雪にオロオロしますが、今回は1年に1回だけ舞い降りる雪片の話題。

   ★

雪の写真師、ウィルソン・A.ベントレー(1865-1931)が撮影した雪の結晶写真をもとに、彼の故郷の記念館が、毎年新たにデザインするグッズ類のことは、1年前も記事にしました。

■白銀の雪

今シーズン(2017年)の新デザインのテーマは、下の結晶です。


ピューター製の美しい樹枝六花。
炎に投じぬ限り、永遠に融けない雪。

   ★

雪は美しいものですが、人間生活と軋轢を生じると、恐ろしい顔を見せます。
そしてまた、普段心の奥にしまってある思いを、ゆくりなく引き出すものでもあります。

 犬棄てし子 心に雪ひそと積む       三汀
 昔 雪夜のラムプのやうな ちひさな恋  鷹女
 酒のめば いとゞ寐られぬ 夜の雪     芭蕉

人の心が様々であるように、心の中の雪景色もまた様々ですね。


コメント

_ Nakamori ― 2018年01月26日 16時21分12秒

「昔 雪夜のラムプのやうな ちひさな恋」、いいですねえ~。
でも、今時の若いひとにラムプの灯りの切なさが分かるかなあ~笑
今日は大雪の札幌です。

_ 玉青 ― 2018年01月28日 11時54分19秒

いやあ、私もさすがにランプの灯は実体験がないので(笑)、若い人相手にその趣を説くことはできませんが、一読鮮明な印象を受ける良い句ですね。作者の三橋鷹女には、総じて強く激しい、時に鬼気迫る句が多いと聞くと、この可憐な句にも何か芯に激しいものがこもっているようでもあり、心の中の雪景色を前に思うこと多々です。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2018/01/25/8776585/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。