君の名は『雪華図説』(前編)2018年01月29日 20時52分21秒

昨日は底冷えのする日で、午後から再び白いものが舞いました。
季節柄、また雪にちなんだ話題です。

   ★

NHKのラジオドラマが人気を博し、その後何度も映像化された「君の名は」。あれは戦中・戦後を舞台に、運命に翻弄され、何度もすれ違いを続けた男女の物語でした。
そして、新海誠監督のアニメ映画「君の名は。」も、時空の奇妙なねじれによって、会えそうで会えない高校生カップルの、じれったいエピソードの連続が、ストーリーの縦糸になっていました。

   ★

ああいうことって、確かにあるぞ…と思います。
私がすれ違いを続けたのは、『雪華図説』です。

『雪華図説』は、下総古河を領した土井家第11代当主にして、幕閣として老中首座にまで上りつめた、土井利位(どいとしつら、1789-1848)が、自ら観察した雪の結晶図を集めた、江戸時代を通じて最も精緻な雪の結晶図鑑。

結晶86種を収めた正編は、天保3年(1833)に、また同じく97種を収めた続編は、天保11年(1840)に出ました。ただ、『雪華図説』は正・続とも、この“雪の殿様”が私家版で出したものらしく、昔も今もとびきりの稀書ですから、古書市場に出れば、すぐに100万円以上の値がついてしまいます。

   ★

もちろん私が欲しかったのは、本物ではありません。
昭和になって築地書館から出た復刻版の方です。この復刻版にも一寸とした歴史があって、築地書館からは1968年と1982年の2回にわたって復刻版が出ています。

奥付の表記に従えば、1968年版は、
○小林禎作(解説)、『正・続<雪華図説> 雪華図説・考』
というタイトルで、『雪華図説』の複製に、小林禎作氏による「雪華図説考」という書誌学的論考を付したもの。

一方、1982年版の方は、
○小林禎作(著)、『雪華図説 正+続 [復刻版] 雪華図説新考』
となっていて、小林氏が自らの「雪華図説考」に、旧版以降の新知見を盛り込んで、全面的に改稿した、「雪華図説新考」を併載したものです。

解説者/著者である小林禎作(1925-1987)は、中谷宇吉郎が創設した北大の低温科学研究所の教授(旧版時は助教授)を務めたプロの雪氷学者。その専門から派生して、土井利位の事績を追究し、その成果を問うたのが、新旧2つの復刻版でした。

(旧版の箱と本体。杉浦康平氏による和テイストの装丁)

(同。『雪華図説』を復刻したページの一部)

(新版。こちらも装丁は杉浦康平氏)

(同。「雪華図説新考」の冒頭)

   ★

で、私は最初に1982年版を、次いで1968年版を手に入れ、ここまではごく順調でした。でも、よくよく話を聞いてみると、1968年版には、さらに正・続の『雪華図説』を和本仕立てで復刻した「限定版」というのがあると知って、オリジナルの雰囲気を味わうには、ぜひ限定版を手にしなければ…と思ったのです。

しかし、勇んで探し始めたものの、どうもタイミングが合わず、逢えそうで逢えない状態が、結局その後何年も続いたのでした。

(この項つづく)

コメント

_ Nakamori ― 2018年01月30日 20時37分41秒

当方、小林先生と同系列の学科に、学生として在籍しておりました。雪の先生として遠くから羨望の眼差しで見ているだけでしたが…。

_ 玉青 ― 2018年01月30日 22時58分23秒

おお、そんなご縁が。そういえば、Nakamoriさんは札幌でしたね。
小林氏のことは、もちろん個人的には全く存じ上げないのですが、このようにその姿に親炙した方のお話を伺うだけで、その存在が何となく身近に感じられるのは、不思議でもあり、嬉しくもあります。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2018/01/29/8778770/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。