星見の塔を訪ねる2018年02月13日 22時16分00秒

この機会に、韓国慶州の瞻星台(せんせいだい)に会いたいと思いました。


でも、そうすぐに会いに行くこともできないので、レジン製の模型を買いました。


これさえあれば、塔をそっと見下ろして、古の天文学者が忙しく立ち働く姿を想像することもできるし、


塔を間近で見上げて、いつでも彼の声なき声に耳を澄ますことができます。
さらに、こんなふうに↓グリニッジの大ドームと並べて、東西天文遺産のツーショットをお願いすることだって簡単です。


うむ、なかなか麗しい眺めですね。


【おまけ】

ただし、屋上部がこの模型の通りだとすると、塔内から屋上に上がることができないので、観測には甚だ不便です。これは模型作者の勘違いで、実際には、昨日リンクした和田の調査報告書に「頭部の一半は開放しありて、井桁を透して天空を窺ふべし」とあるように、頂部には屋上に出る開口部があります。
ユネスコの天文遺産の紹介ページに掲載されている平面図を見ると、その様が明瞭です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック