3-D宇宙…立体星図の到達点『恒星と銀河の3-Dアトラス』(2)2018年04月12日 07時13分31秒

次いで<中景>に当たるのは、「輝星星図(The Bright Star Maps)」です。
これは近傍星図で取り上げた星も含めて、6.5等級までの(すなわち肉眼で見える)星をプロットしたもので、中には地球から1万パーセク(3万2600光年)の距離にある超巨星なんかも含まれています。

(輝星星図のキーマップ(部分))

「輝星星図」は、肉眼で見えるかどうかだけがプロットの基準なので、遠くても明るい星は描かれるし、近くても暗い(見えない)星は省略されています。何だか恣意的な選択のようですが、これは表示限界等級をどこに置くかの違いはあっても、「普通の星図」はおしなべてそうなので、この「輝星星図」は本書の中で、いわば最もスタンダードなパートと言えます。全天を16組の星図を使ってカバーしており、近景・遠景に比べ、表現もいっそう精細であり、各天体が表示される大きさも、「近傍星図」とは違って、見かけの明るさを反映しており、これも通常の星図と同様です。

(天の北極周辺を描いた星図)

上記のように、輝星星図にはきわめて遠方の星も含まれますが、大体は1000パーセク(3,260光年)以内に収まるので、視差の階調表現もその範囲で設定されています。これは両眼距離2.5光年の巨人が眺めた光景に相当します。

(星までの距離を示す視差のスケール。5パーセクを基準面とし、これより近い星は印刷された紙面よりも手前に浮き上がり、遠い星は紙面の向こうに引っ込んで見えます。)

   ★

そして最後の<遠景>は、もはや恒星世界を超えて、遠く系外銀河の世界です。題して「銀河分布図(The Galaxy Maps)」

(銀河星図のキーマップ(部分))

見かけの明るさが16等級までの系外銀河をプロットした星図で、全天を10組の星図でカバーしています。


その視差の階調表現は、10メガパーセク(3260万光年)を基準面として、1000メガパーセク(32億6千万光年)まで設定されています。これは両眼距離500万光年の巨人の視界に相当します。

(ひときわ銀河が濃密なおとめ座~しし座の空域)

(中央に大きく明るく光るアンドロメダ銀河と、それを取り巻く銀河の群れ)


(この項さらに続く)

コメント

_ S.U ― 2018年04月13日 18時52分41秒

うーん、この本は、買わなならんような気がしてきました。特に、近距離の恒星図がいいですね。

 話は変わって、博物、機械、標本、ヴンダー趣味の方々に、研究所公開のご紹介です。今年も、つくばで科博オープンラボがあります。1日限りですが、ご都合が合いましたらどうぞ。
https://www.kahaku.go.jp/event/2018/04open_labo/

_ 玉青 ― 2018年04月14日 16時35分01秒

お知らせありがとうございます。
科学の下部構造に関して、何だかみみっちい話題が多い昨今ですが、次代のサイエンティストをはぐくむ催しは、ぜひどんどんやってほしいですね。

_ S.U ― 2018年04月15日 07時24分28秒

すみません。博物以外の科学ファンの方もいらっしゃるでしょうから、ほかの研究機関の公開もご紹介させていただきます。バスで回ろうとすると時間がかかるので、お時間のある方は金土日の2泊3日くらいでおいでいただくのが良いと思います。
(つくばの科学技術週間・一般公開)
http://stw.mext.go.jp/event/tsukuba.html

 近距離の銀河がわかる星図もいいですね。ある意味、ご近所ですし、実用性もあって、近いと超新星、ニュートリノ、重力波などの観測の可能性が上がります。

_ 玉青 ― 2018年04月16日 07時24分21秒

素敵な科学ツアーのお誘い、ありがとうございます。
この時期、S.Uさんも公私ともにお忙しいのではありませんか?
ぜひ科学好きの老若男女で、つくばの町が大賑わいでありますように!
(しかし、つくばは近くて遠いですねえ。私の部屋からだと、ある意味ご近所の星雲よりも遠く感じられます。何せ星雲はじかに見えますが、つくばはこうして想像するほかありませんから…)

_ S.U ― 2018年04月16日 20時55分56秒

>科学好きの老若男女で
 以前は、ダイレクトに科学好きの来訪者に応えるべく案内を買って出たりしておりましたが、最近は、それは若い人に譲って、私はもう少しひねりを加えるべく(?)他流の箇所の見学をして自分なりに研究をしたいと思っています。(まだ思っているだけからあまり進んでいません)

 つくばは遠いですね。それから、別に科学技術週間といっても、科学万博とは違って渋いものです。そのイベントの客引きっぽくない渋いのが良いところと思っているのですが、何か渋いなりのひねりが出せるのか、そのともそのままがよいのか、考える余地があるように思います。

_ 玉青 ― 2018年04月17日 07時17分06秒

ぜひ渋みと軽みを併せて、不易流行を旨とする蕉風イベントとしていただければ。(^J^)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック