『ペーター坊や月への旅』(2)2018年05月11日 07時01分25秒

思えば、『銀河鉄道の夜』もずいぶん変てこりんな作品ですが、『ペーター坊や』の話もそれに負けず劣らず奇妙な作品です。その奇妙さこそが、間違いなく人気の秘密でしょう。(ちなみに、作者のフォン・バッセヴィッツは、プロイセンの軍人(中尉)あがりの劇作家・俳優で、その文名は、ほぼこの『ペーター坊や月への旅』一冊に限られるそうです。)

   ★

最初に登場するのは、コガネムシのズームズマン氏(Mr. Zoomzeman)です。
そして、ズームズマン氏が、失われた6本目の脚を求めて月へと向かうというのが、物語の大筋です…と聞かされても、何のことやらわけが分からないでしょう。

いったい何でそんなことになったのか?
その背景はなかなか壮大です。

コフキコガネの一族、ズームズマン家は、先祖代々奇怪な運命を負っていました。それは昆虫なら皆持っているはずの、6本目の脚がないというものです。そこには深い因縁があって、何百年も昔の初代ズームズマン氏が、森盗人すなわち樹木の盗伐者の斧の刃先にかかって、6本目の脚を失って以来、その禍が子孫に及んだというのです。

まあ、先祖にも、当代のズームズマン氏にも、本来何の罪もないのですが(初代がその場に居合わせたのは偶然です)、「夜の精(Night Fairy)」が、罰として森盗人を月に放逐する際、彼が伐った木とともに、初代ズームズマン氏の脚も月へと飛ばされてしまい、いったんそうなった以上、もうどうしようもないのでした。

とはいえ、それではあまりにもズームズマン氏がかわいそうなので、夜の精は彼にこう告げました。「もしあなたが、決して動物を傷つけない、優しい心を持った子供を二人見つけられたら、ともに月に行って、失われた脚を取り戻すことができるでしょう。」

(悲しみに暮れる初代ズームズマン夫妻と夜の精)

この伝承とともに、ズームズマン一族は長い時を過ごしました。動物を傷つけない子供は少なく、その子供に近づくことは一層難しかったからです(部屋に入っただけで、大人にはたかれて絶命する者が後を絶ちませんでした)。

しかし、今やズームズマン一族の最後の一匹となった、当代のズームズマン氏は、ついにその候補を見つけました。それがペーターとアンネリの兄妹です。二人は真に優しく、勇敢な子供たちでした。ズームズマン氏の話を聞いた二人は、ただちに協力を約束し、これまたズームズマン一族に古くから伝わる飛行術を氏から学ぶと、寝室から寝間着姿のまま飛び立ちました。


遠い月を目指す二人と一匹の眼下で、町や森や山がグングン小さくなっていきます。
その旅の途中、第一の通過点が「星の原っぱ(Star Meadow)」です。
果たして、彼らがそこで出会ったものとは?

   ★

…どうです、変てこだけれど、ちょっと面白そうでしょう?
前回書いたように、このお話は舞台上演が先だったので、本の方もストーリーを追いながら、何だかお芝居を見ているような気分になります。

こうして二人と一匹の、不思議な冒険は続きますが、あまりストーリー紹介に時間をかけてもいけないので、以下手短に紹介します。

(この項つづく)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック