時空を超えた天文玩具2018年05月29日 21時35分29秒

(昨日のつづき)

たとえ岩が強固で念力が通じなくても、そこは窮すれば通ず、です。
昨日のゲームと全く同じものは見つからなかったものの、その後の探求過程で、その「そっくりさん」を見つけました。


手元にあるのはボードだけで、外箱や付属品はありません。


ご覧のとおり、デザインはオリジナルとまったく同じです。しかし、金彩や手彩色、リネンの裏打ちといった優雅さはありません。こちらは平板な印刷物を、二つ折りの厚紙ボードに貼り付けてあります。

(スクリーントーンのような網点が見えますが、オフセットではなく石版印刷です)

いささか安手な仕上がりになっているのは、時代がオリジナルを下ることおよそ半世紀、1890年の製品だからでしょう。(年代については、ゲームマニア向けのサイトに記載がありました。)

(ボードを二つ折りにしたところ)

オリジナルは、「Sonne Mond und Sterne(太陽・月・星)」という、わりと素っ気ない名前でしたが、そっくりさんの方は、その名も「アフェリオン」と改め、海を越えたイギリスで売り出されました。発売元のF.H. Ayers は、ボードゲームやロッキング・ホースで知られた、イギリスの老舗玩具メーカーです。


この素朴な天文ゲームが、時と空間を超えて人々に愛されたことに、ちょっとした驚きを感じます。でも、素朴とはいえ、「アフェリオン」とは天文用語の「遠日点」(惑星等がその軌道上、太陽から最も遠ざかる位置)の意ですから、名前だけはいっそう天文づいています。

   ★

時空を超えたそっくりさんの存在も驚きですが、そのそっくりさんを手繰り寄せた、我が念力もまた恐るべきものではないか…と、恨み言で始まった記事を、自画自賛で締めくくるのは、まあ目出度くも罪のない話です。

コメント

_ S.U ― 2018年05月30日 19時32分43秒

おぉ、このゲーム、けっこう長く命脈を保ったのですね。よほど面白かったのでしょうね。絶妙のルールだったのか。ぜひとも知りたいです。

_ S.U ― 2018年05月31日 08時02分49秒

以下で登録すればルールファイルが入手できそうです。

https://boardgamegeek.com/filepage/75079/english-rules

 あとで条件を見て、タダで「タダより恐いものはない」ということがなければ入手してみたいと思います。

_ 玉青 ― 2018年06月01日 07時09分13秒

おお、これはありがとうございます。
もし恐くない方のタダだったら、ぜひよろしくお願いいたします。 
(恐い方だったら、どうか無理はなさらずに)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック