荒々しい夜…海と空と月と2018年07月06日 07時01分19秒

すっきりしない天気に暑さ負けが重なり、何となく筆が走りません。
今日も絵葉書を眺めながら、ぼんやり記事を書きます。

   ★

天文趣味との距離感は微妙ですが、月景色の絵葉書や幻燈を折に触れて購入します。クレーターが鮮明に写った天体写真ももちろん良いし、天文趣味的にはそちらのほうがオーソドックスなわけですが、それとは別に、私の中には「絵になる月」を愛でたい気持ちもあります。というよりも、そうした「様々な顔を持った月」という存在に惹かれるのでしょう。変幻する月は、折々の心を映し出す鏡のようなものです。

   ★

今日の絵葉書は、月の登場しない月景色。


暗い夜の海と波しぶき。その上に広がる雲の複雑な陰影。


月そのものの姿は見えないけれども、雲間から差す光と海上の反射が、その存在を明瞭に示唆しています。

キャプションには、「A WILD NIGHT. HASTINGS」とあります。
ヘイスティングスは、イングランド南部の温暖な海沿いの町。甲冑姿の騎士たちが駆け巡った、中世歴史絵巻の一幕「ヘイスティングスの戦い」(1066)で有名な歴史の町でもあります。その海辺の風景を、美しい芸術写真に収めた一枚。

制作したのは、地元のフレッド・ジャッジ(Fred Judge、1872-1950)という写真家が興した、「ジャッジズ社(Judges’ Ltd.)。会社組織になったのは1910年のことで、この絵葉書も、1910年代のものと思います。(同社は有名らしく、「Judges Postcards」が、英語版Wikipediaに項目立てされています。)


もちろん、これが本当の夜景である保証はありません。
あるいは、昼間の光景を、撮影・現像技術によって夜景っぽく見せているだけかもしれません(その可能性が高いです)。でも、これが一個のアート作品であるなら、昼間の海に夜の匂いを感じとった、作者の「心の風景」をこそ味わうべきなのでしょう。そして、その心の風景は、すこぶる美しいです。

   ★

ちなみに、印象的な被写体となっているヘイスティングスの桟橋は、1872年の架橋。1990年代に暴風で破壊された後、廃墟のようになっていましたが、最近になって地元の募金活動によって修復が進み、今年(2018)、めでたく再公開の運びとなった由。(→参照ページ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック