「天文学と印刷」展…モノの力ということ2019年01月09日 07時22分29秒

ブログを休止している間も、世間にはいろいろなことが生起し、永田町や霞が関方面でも、噴飯ものの事態が日々出来(しゅったい)していますが、今しばらくは政談を控え、清談に終始することにします。

    ★

そんな出来事のうちでも特筆すべきは、昨年10月に始まり、もうじき閉幕する「天文学と印刷」展です(会期は1月20日まで)。

(同展図録。左はスリップケース、右が本体。この図録の仕上がりに感動した人が多かったようです)

凸版印刷(株)が設立した、文京区の「印刷博物館」で開かれた同展は、天文学をはじめ、ルネサンス科学の精華たる初期活版印刷の名品をずらりと並べた、たいそう見ごたえのある展覧会で…と言っても、私は見に行くことができなかったので、これはネット上の紹介と、送ってもらった図録を眺めての想像です。(東京行きをいろいろ算段したのですが、タイミングが合いませんでした。)

(同・部分)

ザックリ言うと、この展覧会は「活版印刷術の発明」と、「コペルニクス革命」(に代表される天文学の急速な進歩)を並置し、両者が1500年前後にきびすを接して生じたのは、決して偶然ではなく、「メディアの革命」が「科学の革命」を促したという意味で、前者は後者の母であった…というテーゼをもとに、企画されたもののようです。

まあ、これ自体はごく穏当な科学史理解でしょうが、同展はそれを説くのに、当時の学者や技術者を結ぶ知のネットワークを丹念に追いつつ、それを形あるモノ(=書籍)として提示したことで、有無を言わさぬ迫力を帯びたと思います。やっぱり形あるモノは強いです。

(同。この後に続く、出版都市ニュルンベルクの人物相関図は圧巻)

残念ながら脳内見学で終わったとはいえ、古雅な展示品の数々に(脳内で)触れ、そしてモノの力について改めて考えるきっかけになったことで、私にとって、これは実に面白くてためになる」展覧会でした。

   ★

豪華な展覧会とは比ぶべくもありませんが、私も手元にあるささやかなモノたちの力を借りて、さらに天文古玩趣味の妙を味わっていきたいと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック