月見れば千々にものこそ2019年01月10日 22時09分56秒

最近の買い物から。


昨日届いた1枚の絵ハガキ。1920~30年代のイギリス製です。
崖の先端に立って、ひとり月を見上げる男の子。それだけでも十分絵になりますが、その隅に書かれた文字が、この品に一層深い意味を与えていると思いました。

「Quo vadis?(クオ・ヴァディス?)」

ラテン語で「あなたはどこに行くのですか?」という意味のこのフレーズは、聖書におけるイエスと聖ペテロのエピソードとともに人口に膾炙しています。

キリスト教徒迫害の難を逃れ、ローマを後にし、道を急ぐペテロ。そのとき道の向こうから、十字架上で刑死したはずのイエスがやって来て、ペテロを驚かせます。思わず口をついて出た言葉が、「Quo vadis, Domine?(主よ、どこに行かれるのですか?)」。イエスは厳かに告げます。「お前が民を見捨てるならば、私はローマに往き、再び十字架にかかろう。」その一言にハッとしたペテロは、ただちに道を引き返し、ついに殉教者として壮烈な最期を遂げます。

「Quo vadis?(クオ・ヴァディス?)」

この絵ハガキを見た人は、当然聖書のエピソードを思い起こすでしょう。
と同時に、それ以上のものを、この絵に感じるのではないでしょうか。

この場面、月もひとりであり、男の子もひとりです。
男の子は月に、「君はどこへ行くの?」と問いかけ、月は男の子に「君はどこへ?」と問い返している。この孤独な者同士の会話には、少なからず形而上的な響きがあります。ことさらそう思うのは、ここに登場する月は「大いなる存在」あるいは「宇宙そのもの」の象徴であり、男の子は「人類の代表」のように、私が否応なく感じてしまうからでしょう。

 「宇宙はどこから来て、どこへ行くのか?」
 「人はどこから来て、どこへ行くのか?」

おそらく答えの見つからない、でも、問わずにはいられない問い。
きっと星を見上げるスターゲイザーは、誰しも心のうちで同じ問いを発しているはずです。少なくとも、そうした瞬間がたまさか訪れるでしょう。そんなことからも、星を眺めることは、すぐれて人間的な行為だなあ…と感じます。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック