メンデレーエフ切手(その2)2019年01月12日 08時16分38秒

昨日のおまけ。
メンデレーエフは何せ国民的偉人ですから、ロシア(旧ソ連)では記念切手が繰り返し出ています。下は生誕150年を祝って、1984年に出た切手を使った初日カバー。

【訂正】 見直したら、これはソ連ではなく、ブルガリアの切手でした。したがって、オレンジ刷りの「CT13」の文字は、「額面13ストティンキ」の意味。たぶん同じ共産圏のよしみで、ソ連に迎合したのでしょう。


封筒の左下は、昨日も登場したメンデレーエフのオリジナル周期表です。


色も図柄もグラフィックで、カッコいい切手ですね。

   ★

こうしてメンデレーエフを偲びつつ、1969年、1984年を経て、今や2019年に。
歴史というのは、こんなふうに一人の人間が生きている間にも、容赦なく歩を進め、変化していくものなのですね。

思えば、往時の帝政ロシアはソ連によって倒され、そのソ連もあっけなく倒れて、今や共和制ロシアの時代なのですから、泉下のメンデレーエフも、その転変に目を白黒させていることでしょう。(でも非凡な彼のことですから、ひょっとしたら、この複雑な歴史のパズルを解き終わって、今ごろ「歴史の周期性」をあの世で喧伝しているかもしれません。)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック