二つの『フラムスチード天球図譜』2019年05月18日 08時54分54秒

知っている人は知っているのでしょうが、私は今回初めて知った事実。

   ★

ジョン・フラムスティード(John Flamsteed、1646-1719)の有名な星図帳、『Atlas Coelestis』(1729)は、日本でも翻刻され、『フラムスチード天球図譜』のタイトルで、現在も流通しています(恒星社厚生閣)。古風な星座絵に惹かれる風雅な人は、今も多いようです。

ただし、恒星社版『天球図譜』のオリジナルは、フラムスティードが手掛けた原本ではありません。1776年に、フランスのジャン・フォルタン(Jean Nicolas Fortin、1750-1831)が、新たに版を起こした縮刷版、いわゆる「フォルタン版」が元になっています。フォルタン自身はこれを「第2版」と称しました。フォルタン版は、原本の約3分の1のサイズで、絵柄も微妙に違うし、星座名の表記もフランス語になっているので、違いに目を向ければ、かなり違う本です。

(2つの『天球図譜』。左がフォルタン版、右がロンドンで出た原本。(C)G.M. Caglieris、2002。出典:On-line Flamsteed‐Fortin Atlas Celeste‐1776

…というのは、日本語版『天球図譜』にも解説があるので、よく知られた事実でしょう。ただ、私が知らなかったのは、その日本語版にも、2種類の判型があったことです。

   ★

手元の本は、2000年発行の第3版ですが、その冒頭に1968年に記された「復刻版の辞」というのが載っていて、そこにこういう記述があります。

 「フラムスチード天球図譜は彼の歿後、1729年初版がロンドンで刊行され、1776年に第2版として、1/3に縮小してパリーで刊行された。この東京版はパリー版を原著としたものであるが、図面の大きさはほぼ初版の3/7とした。」

「パリー版」というのは、もちろんフォルタン版のことで、「東京版」とは恒星社版のことです。縮めたり大きくしたり、何だか分かりにくいですが、原本を基準にして分母を揃えると、フォルタン版は1/3=7/21、恒星社版は3/7=9/21のサイズですから、結局、恒星社版は元となったフォルタン版を9/7倍(約1.3倍)に拡大したものだと分かります。

ただし―、です。
このことは、1968年に復刻された現行の版にしか当てはまりません。「復刻版の辞」が言う「東京版」というのは、あくまでもこの復刻版を指していて、それ以前の旧版には当てはまらないのです。そのことは、上の記載からは読み取りがたく、私は旧版を手にして、初めて「ああ、そうだったのか」と思ったのでした。

(左・旧版、右・復刻第3版。旧版も本来カバーがかかっていたはずですが、手元のは裸本です。)

   ★

日本語版『天球図譜』の書誌を、ここで整理しておきます。
大学図書館蔵書検索サービスCiNiiのデータを並べると、以下のようになります。

『フラムスチード天球圖譜』
○初 版 1943.7 恒星社刊
○再 版 1950.4 恒星社厚生閣刊 (以下同)
●復刻版 1968.8
●新装版 1980.8 (以下、『フラムスチード天球図譜』の表記に変更)
●新装版 1989.2
●第3版 2000.10

○印が旧版で、表紙サイズは高さ22cm(221p)、●印が新版で、同じく27cm(231p)と、サイズも頁数も拡大しています。以後、この1968年の復刻版が、カバーデザインを変えつつ、今も販売されているのです。

   ★

すでに一部を引用した「復刻版の辞」には、こうも書かれています。

 「わが国において初めてこのフラムスチード天球図譜の翻刻版が刊行されてより25年を経過した。当時は諸般の状勢により、小社の意図を十分には満たすことができなかったし、以来久しく絶版状態で今日まで至った。然し現今のような時代こそ、グリニッジ初期の天文台を顧みることが好ましく、この図譜の復刻を求める声が、天文以外からも多い。因って小社はその要望に応え、かつ企画を新たにして本書を刊行した。」

要は、旧版はいろいろな制約から(戦時中の物資不足と出版統制のことでしょう)、思い通りの本に仕上げられなかった、戦後の復刻版こそ、我々が本来思い描いていたものなんだ…という力強い宣言です。

しかし、虚心に見た場合、私には旧版の方が好ましく感じられます。
それは単純な古物好きというのもありますが、何よりも旧版こそ、フォルタン版のより正確な翻刻になっているからです。

(旧版と現行版)

(旧版細部拡大)

旧版のサイズは、ほぼフォルタン版のままです。
かつて多くの人が手にし、星座への憧れをはぐくんだフォルタン版は、こんなにも可愛らしいサイズだったんだ…ということを実感するには、旧版を手にするのが早道です。それに、現行版は紙がツルツルだし、色も白すぎます。あまりにも古書の表情とはかけ離れているので、この点でも旧版に軍配が上がります。

(両者の紙の表情の比較)

(旧版は、星図の裏面がブランクになっています。現行版もそれは同じですが、ブランク面が糊付けされて袋綴じになっているため、ブランク面を目にすることはありません。)

そして、戦時下に1500部刷り上げた初版を手にすると、当時の出版人や天文人の苦労(それは実に大変な苦労だったはずです)がしのばれて、ひたすら「有り難い」気持ちになるのです。

(初版奥付)

   ★

本が単なる資料にすぎないなら、こんなことを気にする必要もないのでしょうが、古書に求めるのは情報だけではありません。

人間は自身モノであり、限られた生しか持たないがゆえに、やはりモノとしての表情と歴史性を備えた古書に自分の「似姿」を見出し、強く惹かれるのでしょう。そして、そういう存在とでなければ、人間は良き友人関係を結べないんじゃないか…という気もします。

コメント

_ ピタ ― 2021年07月10日 14時22分32秒

突然のコメントをお許し下さいませ。フラムスチード天球図譜を検索したところ、こちらにたどり着きました。幼い頃から本棚にあり大した考えもなく今まで持ちつづけていたのですが、改めて「読もう」とすると教養不足の私にはなかなか難解で安易にネット検索した次第です。玉青様のお写真を拝見したところ、私と同じ初版本をお持ちでいらっしゃるようでしたので、こちらに足を止めました。
ただ、星座が好きで、小さい頃は星図など飽きずに眺めておりました。玉青様のこのお部屋は他にも懐かしいものがあちこちにありそうな予感が致します。最新の記事に暫くお休みとありましたのでコメントを書き込んだところでお目に留まるかは分かりませんが、あちこち拝見する前にご挨拶を申し上げました。

_ 玉青 ― 2021年07月11日 10時27分04秒

ピタ様、お立ち寄りいただきありがとうございます。
ピタ様は、幼時から初版が身近におありだったのですね。何とうらやましい! 
私にしても専門知識など何もないまま、こうして書き散らかしているような次第ですが、それでも好きな道は格別で、モノに惹かれ、その向こうに広がる世界に憧れ、趣味に沈潜して今に至ります。諸々の事情で、現在更新がストップしていますが、このまま休止とは考えておりませんので、どうぞ気長にお付き合いの程願います。

_ ピタ ― 2021年07月11日 14時17分06秒

玉青様、お返事を有難うございます。早速お部屋の中をあちこち拝見しておりますが、あまりの多さに迷子になりそうです。どこかで知ってるものに出会えるかも!?という感じがするお部屋です。
フラムスチードの本は父(大正14年生)か、母方祖父(明治32年生)かどちらかの物だと思われます。カバーもあります(コメント欄は写真添付できないのですね残念です)。私自身はこの本ではなく、祖父が大正5年に友人所有の外国図書から手書きで「写し取った」という星図が好きで、その元になった本は何だろう…というところからフラムスチードを手に取った次第です(年代的に合いませんね)。謎は解決しそうになく、もっといろいろ聞いておけば良かった…と悔やむところです。

パッと見で情報を得てしまう時代、私自身も楽な方に流されておりますが、こちらのお部屋のように丁寧な考察をじっくり拝読するご縁が出来たことを嬉しく思っております。有難うございます。

_ 玉青 ― 2021年07月12日 08時59分01秒

おじい様のエピソード、実に素敵ですね。そしてそれら諸々のエピソードが今も形ある品として、あるいは記憶として受け継がれている…ふと「百年書香の家」という言葉を思い出しました。
星空ももちろん美しいですが、星空に向けられた人々の思いもまた美しく、拙ブログでは両者をともに愛でていきたいと思っています。重ねてどうぞよろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック