豚供養2019年05月21日 18時09分53秒

豚コレラの終息が見込めません。

そもそも感染経路もまだ不明であり、考えられる対策をすべて施してもなお、新たな感染が発生している状況なので、あとは神頼みに近い感じもあります。巷間言われるように、感染の拡大に小動物が介在しているならば、それを完全に断つことは、確かに神業に近いかもしれません。

   ★

豚コレラの防疫措置、すなわち殺処分の現場は、当然のことながら酸鼻を極めたものです。仔ブタたちは、密閉空間内で二酸化炭素を放出することによって、一度に多数が死に至ります。親ブタたちは、大型の枝切りばさみのような、両側から体を挟み込む形の通電器によって、電撃を3回ないし4回与えられて、最後に薬液注射によって、一頭ずつ絶命させられます。

電撃の際、全身がピンと筋強剛する様も恐ろしいし、通電がうまくいかず、その都度ブタが挙げる悲鳴(それは確かに悲鳴であり、絶叫と呼ぶに足ります)を聞いて、まったく平気でいられる人は少ないでしょう。そして、苦悶の色を目に残して、ずるずると袋に落とし込まれるブタたちの顔、顔、顔…。

   ★

こう言うと必ず、

「じゃあ、お前さんが食ってる豚肉、あれはどうやって作られてるんだね?」
「どうせ豚コレラがなくたって、彼らはいずれ食われちまうんだ。今さら変に善人ぶってどうする。」

という声が出るでしょう。私の心の内からもそういう声が聞こえるし、それはロジックとして正しい気がするので、答に窮します。

「だから、そんな罪深い殺生はやめた方がいいんだよ。」

という肉食廃止論者の人もいます。
それもまた正しいような気がするのですが、でも私が仮に、野に生きる狩人か何かで、野生のイノシシを仕留めて、その場で屠って、肉を食べる場面を想像すると、そこに「むごい」という感情はあまり生じません。それが自然な生の営みの一部として納得されるからです。

   ★

結局、私の感じる「むごさ」の奥には、生類憐み的な感情のみならず、食べるためだけに肥育し、増殖するシステムと、その効率の最大化を進める「巧緻な非情さ」への、素朴な反発があるのだと思います。

近代牧畜業に限らず、古来、牧畜(あるいは広く農耕)というシステムには、やっぱり素の自然からは遠い、不自然なところがあります。もちろん、ヒトが人となり、社会を築いたのはそのシステムのおかげですから、私もそれを否定はしません。否定はしませんが、でも、そこにこそ人の「業」があり、我々は、今後も永く「楽園を追われた存在」として生きていかねばならないことは、繰り返し反芻せねばならないと思います。

   ★

ところで、殺処分の実際を見聞して、一つ奇妙な事実に気づきました。

ブタは、目の前で仲間が殺されても、またその悲痛な声を聞いても、ピクリとも反応しないのです。殺処分が行われているすぐそばの豚房で、何事もないように、ブタたちは餌をあさり、互いにつつき合い、眠っています。子供のころから、屠殺前の動物が、死の予感におびえて恐怖する…という話を耳にしていたので、ブタたちがそうした素振りを露ほども見せないことに、違和感を覚えました。

ただし、そんなブタたちが、唯一恐怖を示すことがありました。
他のブタの群れから引き離されることです。

上記のとおり、ブタたちは一頭ずつ「処分」されるのですが、その際、同房のブタたちから引き離されることを、彼らはひどく恐れ、激しく逃げまどいます。でも、一頭だけ別区画に追い込まれてしまえば、さっきまでの恐慌が何だったのか、何事もなかったように、また餌をあさり始めます。

そんなブタたちの姿に、今の日本人を重ねて、別の意味で恐怖を感じた…と書くと、シニカルに過ぎるかもしれませんが、でも、正直その思いを抑えかねました。

   ★

まあ、私の余分な感想はともかく、その後、鹿児島県立博物館で見た説明文(家畜化に伴うブタの知能低下)を思い出して、ブタたちの振る舞いも大いに頷かれました。


確かに野生の状態でああだったら、とても生き延びることはできないでしょう。しかし、これまた人間の業の深さを物語る事実だと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック