困民、義民2019年07月15日 06時30分26秒

呑気なことを書いている間に、選挙の投票日が近づきました。今度の日曜日です。

   ★

しかし、消費税というのは現代の「年貢」ですね。
貧乏だろうが何だろうが、お構いなしに取り立てる様は、時代劇の百姓苛めの場面と何も変わりません。まさに苛斂誅求(かれんちゅうきゅう)。

現政権が進めているのは、法人税や所得税の累進性を減らして、その欠を消費税で埋めることですから、そこに現出するのは、「貧乏人が金持ちを支える社会」以外の何物でもありません。理念でいえば、近代の税というのは、昔の年貢とは全然違う性格のもののはずですが、こうなると昔の年貢といったい何がどう違うというのか。

まあ消費税の場合、一回ごとに動く額が小さいし、お役人が直接取り立てに来るわけでもないので目立ちませんが、庶民にとっては、日々ヤスリで身を削られる責め苦に等しいです。このヤスリが、さらに鉋(かんな)になれば、体力の弱い人から失血死するのは理の当然。

そうやって庶民から温かい血を絞るだけ絞って、「マクロ経済なんとかで、今後は年金も減らすから、今からせいぜい貯蓄と投資に励めよ」と、お上はしれっと言うわけです。もはや何をかいわんや…という感じです。

   ★

民が困窮すれば、義民・義士が起つのが世の常。

日本でも、はりつけ覚悟で一揆を企てた人が大勢いるわけで、そのうねりは時に「大一揆」と呼ばれる大規模なものとなりました。さらには幕臣でありながら、義憤に駆られて兵を挙げた大塩平八郎のような人もいます。そして明治に入ってからは、秩父をはじめとする各地の「困民党」の面々。

まあ、今の世に鍬(くわ)や鎌を手にして騒乱を起こす必要もないのですが、世上を見るに、民をないがしろにするのも大概にせよ…という気分は抑えがたく、義民・義士を求める心には切なるものがあります。

私はそういう人を見極めて、一票を投じるつもりです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック