蛍光と蛍石の話(その3)2019年08月18日 08時37分01秒

(昨日のつづき)

論旨を補強するため、もう一冊明治の本を挙げておきます。


こちらは、和田の本のさらに4年前に出た、松本栄三郎『鉱物小学』(錦森閣、明治15年(1882)再版)です。この本には種本があって、スコットランドのJames Nicol(1810-1879)の『Elements of Mineralogy』(初版1858)を編訳したものです。

(上掲書第27丁「蛍石」の項)

この本は、鉱物名が未確立だったことを反映して、石脳油(クサウヅノアブラ)とか、石英(メクラズイセウ)とか、ほかにも雲母(キララ)長石(ボサツイシ)緑泥石(チチブアヲイシ)など、漢字の脇に古めかしいルビを振っています。そして、この本でも「蛍石」はやっぱり「ホタルイシ」ですから、これが日本に昔からあった名前である傍証になります。

注目すべきは、文末に産地として「豊後・美濃等」が挙がっていること。

同書の産地記載は、琥珀は「陸前、陸中等」、辰砂は「大和、紀伊等」、雲母は「岩代、近江、三河其他所々」…などとあって、近時のものではなく、古来の産地のように読めます。少なくとも明治の初めには、蛍石の産地と見なされる鉱床が見つかっていたことは確かです。

蛍石が江戸時代にも産した(天然自然に存在するばかりでなく、人の手で採掘が行われていた)ことをうかがわせるものとして、シーボルト(及び彼の同行者、ハインリッヒ・ビュルガー)が、日本産鉱物種を記載した資料中に、「Flussspath」(蛍石)が出てくることが挙げられます(文献1)。

オランダ商館員のシーボルトらが、各地の山間深く分け入って、自由に鉱物を採集できたはずはないので、これも同時代の日本人が掘ったものが、彼らの手に渡ったのでしょう。

   ★

その後、明治から昭和にかけて、工業化の進展とともに蛍石の需要はますます高まり、あまりにも掘られすぎたせいで、ついに国内鉱山からは枯渇し、姿を消します。

岡野武雄氏の論文(文献2)を読むと、「日本で蛍石は1972年迄採掘され、その最盛期は1963年(2.1万t)であった。日本の蛍石はほぼ掘り尽くされたといってよい。〔…〕国内からは今後も採掘可能な鉱床の発見される可能性は乏しい」とあります(p.30)。

1980年代以降、今に至るまで、蛍石は全量を輸入に頼る状態が続いています。

その使途は、当然のことながら、ほぼすべて工業用で、岡野氏が挙げる1981年現在の状況は、「1981年の蛍石の輸入量は43万tで、中国(60%)、タイ(20%)、南ア(18%)などから輸入されている。輸入蛍石の主要な仕向先は、製鋼用18万t、弗化物用(弗酸など)12万t、アルミ精錬用3万tなど」でした(同)。

最近、韓国ともめた高純度の「フッ化水素」も元は蛍石が原料です。(フッ素の「フッ(弗)」も、大元は「フローライト」の「フ」であり、猛毒の弗素を相手に、かつて多くの科学者が犠牲になったことを、今回知りました。)

(英・ロジャリー鉱山産)

可憐な「ほたる石」も、なかなか可憐の一語では済まないものがあります。

   ★

以上、勢い込んで調べ始めたわりに、さっぱり分からないことばかりですが、でも、「分からないということが分かる」ことも大事ですし、こうやって疑問を形にしておけば、いつか『諸国産物帳』とか、江戸時代の本草書や地誌の中から、蛍石の名がひょいと見つかることもあるでしょう。

(この項おわり)

-----------------------------------
文献1) 田賀井篤平 「江戸時代の鉱物認識とシーボルト」
東京大学コレクションXVI「シーボルトの21世紀」所収
※蛍石は「石類」の26に登場。

文献2)  岡野武雄 「日本の工業原料としての非金属鉱物 (2)」
「地学雑誌」92-6(1983)、pp.22-38.

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック