歳末と終末2019年12月31日 08時07分55秒

いよいよ大晦日。
一年の終わりに当たり、ちょっとそれらしいことを考えてみました。

   ★

宇宙は広大で、その歴史は長い。
…それは確かにそうです。でも、宇宙が広大なのは認めるにしても、その歴史はあんまり長くないんじゃないかなあ…と、子どものころから感じていました。

改めて最新の数字で考えてみます。
宇宙の大きさを、とりあえず人間が認識可能な「可視宇宙」に限定しても、その直径は930億光年に及びます。メートルにすれば、8.8×10の26乗メートル。すなわち、宇宙の大きさに比べて、人間の大きさは10の26乗分の1の、そのまた5分の1ぐらいしかありません。(そして「本当の宇宙の大きさ」は、「可視宇宙」より遥かに大きいとも言われます。)

(差し渡し約3億光年、ガラスの中の超銀河団。過去記事参照)

でも、時間的に見ると、宇宙の年齢はわずか138億歳です。
われわれ人間だって、100歳以上生きる人が結構いるのですから、人間の寿命は、宇宙の年齢の1億分の1、すなわち10の8乗分の1あります。

人間を空間的に1億倍しても、月までの距離の半分にしかなりませんが、時間的に1億倍すれば、宇宙の年齢に匹敵する…というのが、何だか非対称な感じです。空間的スケールでは、宇宙は無限ともいえるほど巨大ですが、時間的スケールでは、宇宙は驚くほど若く、人間は驚くほど長生きです。

ですから人生の短さを嘆くには及びません。人生は十分に長いのです。

   ★
 
むしろ、真に嘆くべきことがあるとすれば、それは「宇宙の華やぎの短さ」です。

雑誌『ニュートン』最新号(2020年2月号)の特集は、「宇宙の終わり」
これを読んで、子どものころ感じた、上のようなモヤモヤを思い出しました。


 「地球や星はいつか死をむかえるのだろうか?宇宙に「終わり」はあるのだろうか?太陽系から銀河、宇宙全体にいたるまで、さまざまなスケールの宇宙の未来を徹底解説」…と謳う2月号。

記事は、まず星の一生と、80億年後に訪れるであろう、我らが太陽系の終末図を描いたあと、「PART2 天体の時代の終わり」に筆を進めます。

1000億年後には、多くの銀河団が合体して「超巨大楕円銀河」が生まれ、我々の可視宇宙には、ただ1つの超巨大楕円銀河が存在するだけになる…と、ニュートン編集子は述べます。この巨大な星の集団の外には何もない、ある種孤独な世界です。

そして10兆年後、超巨大楕円銀河に含まれるすべての星が燃え尽き、世界は真の闇へと沈んでいきます。

さらに、10の20乗年が経過すると、そうした星の残骸の多くが銀河中心のブラックホールに飲み込まれ、巨大なブラックホールが、暗黒の中にいっそう暗い表情で浮かんでいるだけの、虚無的な世界が出現します。

そして10の34乗年後には陽子の多くが崩壊して、わずかに残った物質も無に帰し、10の100乗年後にはブラックホールすらも蒸発して、完全なる無が訪れる…。

   ★

もちろん、以上のことは現時点での理論的予測(の1つ)であり、今後シナリオが書き変わることも十分ありえます。それにしても、空に輝く星々が、いずれ輝きを失うことは確実ですから、子ども時代の私が宇宙に「若さ」を感じたのは、事実、宇宙が若いからに他ならないのでした。

宇宙はこれから後、これまでよりも桁外れに長い時を生き続けるでしょう。そのことを考慮すれば、やっぱり人間は宇宙にかないません。

でも、そうした宇宙の「全人生」を考えたとき、そこに星が輝き、生命が盛んに生まれ出る豊饒な期間は、驚くほど短く、その後に続く衰亡と退嬰の時間の長さを思うと、まこと花の命は短くて、空しきことのみ多かりき…

(ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた宇宙の華やぎ。Wikipediaより)

何はともあれ、我々がここにこうして存在していることは、宇宙の若さの帰結であり、我々はみな宇宙の青春そのものだ…と考えると、大いに気分が若やぐではありませんか。

   ★

皆さま、どうぞ良いお年を!

コメント

_ S.U ― 2019年12月31日 14時58分57秒

今年もお世話になりました。
 
 年末でもあり、私の興味のある話題なので、コメントをさせていただきます。玉青さんのとは違うつもりですが結局は同じかもしれません。

 サイズを寿命(存命中の場合は年齢)で割り算しますと、寿命が尽きていく速さ(あるいは成長していく速さ)になります。植物の丈が伸びたり、ローソクが減っていく速さですね。

 宇宙の場合は、光速の7倍というべらぼうな速さです。これは、宇宙の膨張速度に匹敵するのだと思います。人間の場合は、年速2センチメートルで、これは光速より18桁ほど小さく、この18桁がご紹介の宇宙と人間の時間比とサイズ比の違いと同じになります。年速2センチメートルは、およそ時速2マイクロメートルで、これは細胞分裂が進む速さ程度です。

 結論としては、よくわかりませんが、宇宙に対して人間などの生物ははるかに手間ひまをかけて作られている、18桁jほど製造工程が複雑である、ということではないでしょうか。そう考えると、生き物の命のありがたみがわかるように思います。

 本年も1年ありがとうございました。
 良いお年をお迎え下さい。

_ 玉青 ― 2020年01月01日 07時28分05秒

なるほど、生物は超熟成、宇宙は超促成栽培というわけですね。
そう思うと、ちっぽけな人間もやっぱり大した存在だと思えます。

それにしても、宇宙が依然やんちゃ盛りなのに、私はといえば既に老成の域に達して、今や宇宙の青さがむしろ微笑ましく思えるぐらいだ…とか何とか言うと、正月から気宇壮大でよろしいですね(^J^)。

今年もせいぜい大きな風呂敷を用意したいと思いますので、何分よろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック